Posts Tagged ‘ZOIDS’

 コトブキヤ2月の製品情報もバリエーション豊富。
 まずはメダロット・シリーズから、抜群の人気を誇る「ロクショウ」が満を持して登場! 豊富なギミックを擁する楽しみなキットだ。
 HMMシリーズでは「RZ-041 ライガーゼロ イエーガー」「ライガーゼロ専用 イエーガーユニット」がリリース。高速戦闘形態であるイエーガーの姿を再現することができる。
 アーマード・コア ウェポンユニットは「016【ハイレーザーライフル:HLR01-CANOPUS】」「017【チェインガン:CG-R500】【レーザーブレード:EB-R500】」「018【大型グレネードキャノン:OIGAMI】」の3種が一気にリリース。アマコアファンの楽しみが大きく広がった。 Read the rest of this entry »

1月のコトブキヤ製品情報も盛りだくさん。
マブラヴシリーズでは遂にオルタネイティブの主人公機「不知火 突撃前衛/強襲前衛仕様」がリリース。新規パーツに加え、既存パーツにも手を加えることでより充実した内容となっている。
「ファンタシースターオンライン ブルーバースト」プラキットシリーズでは、新たなレイキャシール『ホワイティル』がラインナップ。こちらもボーナスパーツを加えた充実ぶり。
その他、D-スタイルからは「ウルトラザウルス」「イングラム&グリフォン 対決セット」、FAシリーズ新作として「NSG-X1 フレズヴェルク」も発売となる。 Read the rest of this entry »

コトブキヤ11月発売の新製品は「RZ-014 ゴドス」「SA-17s ラピエール ゼファー」「D-スタイル ガオガイガー」の3点。
「RZ-014 ゴドス」はHMM初の共和国軍の小型量産機で、シリーズ屈指の可動範囲を実現。一般機と指揮官機の2タイプに換装が可能な他、HMMオリジナルの機構も取り入れさらにプレイバリューが広がっている。
先に発売されたFA「ラピエール」のバリエーション・キットとして発売されるのは「SA-17s ラピエール ゼファー」。成型色は赤から青に変更、新たな頭部パーツや武器なども付属する。
D-スタイルからは「ガオガイガー」が登場。一部差し替えで“ギャレオン”“ガイガー”“勇者王ガオガイガー”に変形・合体可能なうえ、豊富なオプションパーツで劇中のイメージを再現することができる。 Read the rest of this entry »

コトブキヤ9月発売の新製品情報をお届けしよう。
まずは『マブラヴ オルタネイティヴ』シリーズから「武御雷 Type-00F 月詠真那(つくよみまな)機」が登場。注目の真紅の機体はイリサワ模型限定流通となる。
アーマードコア シリーズからは、シリーズ初のコトブキヤ オリジナルカラー・バージョンとして「レイレナード 04-ALICIA(アリシア) ホワイトパールVer.」がリリース。機体の白部分に美しい『ホワイトパール』がコーティングされた仕様だ。
FAシリーズではNAOKI氏によりオリジナルデザイン第2弾、第3弾として「NSG-12α コボルド」「NSG-25γ シュトラウス」が同時リリース。これまでとは異なったデザインコンセプトに加え、2キットを組み合わせることで、人型FA『ヴァイスハイト』を組上げることができるという新基軸となっている。
D-スタイルからは先日発売のブレードライガーに続き「D-スタイル デスザウラー」が発売。独自のディフォルメスタイルながらツボを押さえた造型で、ゾイドファンも納得の出来栄え。
その他M.S.G ウェポンユニットの新作3点も発売となる。
Read the rest of this entry »

コトブキヤ8月発売のプラキット、まずはHMMより「EZ-026 ジェノザウラー レイヴン仕様」からご紹介。名前の如く“最恐竜”ジェノザウラーが「レイヴン」仕様で登場。だたの成型色変えではなく、首、尾の付け根部分を改修し、通常版には無かったクローアームを再現するなど、ライバル機にふさわしいバージョンアップを得ての登場となる。また、ファン待望のゾイド D-スタイル「ブレードライガー」も発売。可愛いサイズに可動とギミックを詰め込んだ新シリーズに注目だ。
アーマード・コア シリーズでは異形のAC「アスピナ X-SOBRERO フラジール」が完全新規造型で登場。忠実なフォルムの再現に加え、メカニカルベース フライング3も付属するという仕様。
ホイホイさんシリーズからは究極のデラックスキット「ペストXさん白夜ver. &オボロ影牙 DX可変セット」がリリース。原案者 針玉ヒロキ氏によるキットのためのオリジナル設定を徹底再現する上、驚きの合体ギミックも実現。まさに「DX」というのにふさわしい仕上がりとなっている。 Read the rest of this entry »

コトブキヤ7月の新製品、まずはマブラヴ最新シリーズ「マブラヴ アンリミテッド ザ・デイアフター」より、主役機「F-18E/F スーパーホーネット 海兵隊仕様」がリリース。完全新規造形で初立体化となるキットは、良好なアクション性を備え、各種オプションも充実。加えて初回特典として「機体名称入りメカニカルベース フライング3」が付属するという豪華な仕様となる。
HMMシリーズではワンダーフェスティバル2011[夏]会場とコトブキヤ直営店でのみ限定発売される「HMM CUSTOMIZE PARTS 021 ライガーゼロシュナイダー セブン・ブレード(銀メッキ)」と「HMM CUSTOMIZE PARTS 022 プテラス旧共和国イメージカラー外装パーツ」が発売。ゾイドファンは要チェックだ。
もうひとつワンダーフェスティバル2011[夏]会場とコトブキヤ直営店でのみ限定発売されるのは、MPJの作例でも取り上げた「レイキャシール:スカイブルー Ver.APSY」。文字通りブルーを基調とした配色は通常版とはまた異なった魅力を放つ。 Read the rest of this entry »

コトブキヤ5月発売のプラキットも見逃せない3点がリリース。
まず注目は「レイキャシール エルノア Ver.APSY」。2003年のワンフェスで販売された浅井真紀氏の原型を元に、コトブキヤがプラキットとして発売するという新しい試みだ。もちろん製品化にあたってサイズ、ディテール、ギミックなどもブラッシュアップされており、様々な意味でエポックメイキングなキットとなる。
人気のZOIDS、HMMシリーズからは飛行型ゾイド「RZ-010 プテラスボマー ジェミー仕様」が登場。“ジェミー・へメロス仕様”を再現しており、ZOIDSファン納得のディテール表現やギミックを織り込みながらHMMシリーズ独自の解釈も取り入れるという意欲作。ファンにとってはライガーゼロコマンドウルフと共にチーム・ブリッツが再現できるのが嬉しいところだ。
ACV.I.シリーズからは“もうひとつのホワイト・グリント”「アスピナ ホワイト・グリント ARMORED CORE 4 Ver.」が登場。通称「ジョシュア・グリント」の登場で「ラインアーク ホワイト・グリント」と作り比べることも可能となった。 Read the rest of this entry »

やまとより新製品情報が届いたのでお知らせしよう。
まずはやまとの完全変形マクロスシリーズより「1/60 完全変形VF-19改 ファイヤーバルキリー」が5月に発売。同社でリリースされていたYF-19を徹底的に再検証した結果、設計から金型までを新規とすることで完璧なバトロイド形態と完全変形を実現したというファンなら見逃せない逸品だ。
昨年末にリリースされた、ゾイドでは初の完全彩色済み完成品フルアクションモデル「SHIELD LIGER Non scale Die-cast Full Action model」に装着できる「ビームキャノンユニット」も発売。武装強化パーツ「CP-01 ビームキャノンセット」を装着することで、シールドライガーDCSを再現することができるようになった。 Read the rest of this entry »

コトブキヤ2月の新製品情報、まず注目はMPJイチオシのフレームアームズ新製品「SA-17 ラピエール」が発売。FA初となる“女性型”のスリムなデザインは新たな展開を予感させる期待の新製品だ。
マブラヴ関連では「日本帝国斯衛軍 00式戦術歩行戦闘機 武御雷 Type-00R」に続き、『マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス』より、頭部パーツ等を新規で起した「武御雷 Type-00F 篁唯依機」が発売となる。
『一撃殺虫!! ホイホイさんLEGACY』プラキットシリーズからは「ホイホイさん~着せ替えセット~」がリリース。頭部は「ツインテールVer.」、アンテナは「おしゃべりホイホイさん」。ボディパーツは「体操服Ver.」「スクール水着Ver.」の他、武器類も付属する。
一部で熱い人気のD-スタイルではイングラム2号機が発売。同スケールの「98式特型指揮車」が付属する他、Dスタイルのパトレイバーシリーズに使用できるデカールも付属するという充実の内容となっている。
Read the rest of this entry »


Read the rest of this entry »