Posts Tagged ‘ガイアノーツ’

 各所で話題を呼んでいるガイアノーツの「装甲騎兵ボトムズ」カラーシリーズに、早くも第2弾が登場!
 第2弾として発売されるのは「AT-04 パープルグレー」「AT-05 ダークブルー」の2色で、既に発売されている「AT-01 グリーン」「AT-02 ライトグリーン」「AT-03 ブルーグレー」に「ATSP-01 レッドショルダーセット」に含まれる「AT-α ブラッドレッド」を加えるとシリーズ全6色、ノーマルのスコープドッグに使用する塗料としては、ほぼ全色が揃ったこととなる。 Read the rest of this entry »

WF2013S 去る2013年7月28日に幕張メッセで行われたワンダーフェスティバル2013[夏]。
モデラーズ・プレス・ジャパンではいつもと少し趣向を変えて、編集部員“与太郎”と線香亭無暗氏によるトークレポートとしてご紹介。掲載に関しては編集部の独断により、興味を引いたもの、可能性を感じさせるものを中心にお送りする。セレクトはMPJでモデラーを務める線香亭無暗氏。どうかMPJ流WF2013[S]レポートをお楽しみいただければ幸いだ。 Read the rest of this entry »

◆ワンダーフェスティバル2013[夏]レポート 個人ブース編 1

Read the rest of this entry »

◆ワンダーフェスティバル2013[夏]レポート 個人ブース編 2

Read the rest of this entry »

◆ワンダーフェスティバル2013[夏]レポート 今回のオフショット

Read the rest of this entry »

 過日の記事でも紹介したガイアノーツのニューカラーシリーズについて続報が届けられた。
前回の記事ではサンライズ制作のTVアニメ「装甲騎兵ボトムズ」に登場する「スコープドッグ」用のカラーが発売されることをお伝えしたが、この塗料が7月28日(日)に幕張メッセで行われる『ワンダーフェスティバル2013[夏]』のガイアノーツブースで先行販売される。またこの際の購入特典として、かねてから要望の高かった「フラットクリアーの粗め15ml」も用意される。 Read the rest of this entry »

 かねてから情報があったガイアノーツのニューカラーシリーズの内容が、いよいよ本格的にアナウンスされた。
 この新シリーズは「アニメーションの設定色を模型用塗料として再現する」というコンセプトに基づき、実際にアニメ製作に使用された設定資料のカラーをできうる限り忠実に再現するというもので、第一弾は、今年放映30周年を迎えたサンライズ制作のTVアニメ「装甲騎兵ボトムズ」に登場する「スコープドッグ」用のカラーがリリースされる。 Read the rest of this entry »

 ガイアノーツ7月の新製品は『電脳戦機バーチャロン』カラーシリーズ第7弾が発売!
 発売されるのは「コールドホワイト」「ターコイズメタリック」「マイルドオレンジ」「ブライトロイヤルブルー」「セルリアンブルー」の5色で、6~7月にハセガワより発売されるバーチャロイドプラキットシリーズ「YZR-8000H“マイザー・イータ”」「TF-14 B/C+“フェイ・イェン [ファイナル 14 スペシャル] ブルー・パニック”」にあわせたカラーが中心となり、今回も厳しい監修のもとリリースされる。 Read the rest of this entry »

 ガイアノーツ4月の新製品はコーションデカール!
 発売されるのは「NCデカール05 1/144 ホワイト スペシャルカラー」「NCデカール05 1/100 ホワイト スペシャルカラー」「NCデカール05 1/144 ブルー スペシャルカラー」「NCデカール05 1/100 ブルー スペシャルカラー」の4種で、デザイン自体はハイキューパーツより発売さていれるNCデカール05と同様だが、それぞれがホワイトとブルーの単色で印刷されており、使い勝手の良い仕様となっている。印刷は品質に定評のあるカルトグラフ製のシルクスクリーン印刷で、透けが少なく美しい発色が得られる。 Read the rest of this entry »

wf2013w_001 去る2013年2月10日に幕張メッセで行われたワンダーフェスティバル2013〔冬〕。モデラーズ・プレス・ジャパンでは今回もフォトレポートをお送りする。
 掲載に関しては編集部の独断により、興味を引いたもの、可能性を感じさせるものを中心にお送りする。セレクトはMPJでモデラーを務める線香亭無暗氏。なるべく他所で紹介されるものとは違ったディラー、可能性を感じさせるディーラーをセレクトしたとのこと。どうかMPJ流WF2013{}[W]レポートをお楽しみいただければ幸いだ。 Read the rest of this entry »