Posts Tagged ‘塗装’

 ガイアノーツ7月の新製品は『電脳戦機バーチャロン』カラーシリーズ第7弾が発売!
 発売されるのは「コールドホワイト」「ターコイズメタリック」「マイルドオレンジ」「ブライトロイヤルブルー」「セルリアンブルー」の5色で、6~7月にハセガワより発売されるバーチャロイドプラキットシリーズ「YZR-8000H“マイザー・イータ”」「TF-14 B/C+“フェイ・イェン [ファイナル 14 スペシャル] ブルー・パニック”」にあわせたカラーが中心となり、今回も厳しい監修のもとリリースされる。 Read the rest of this entry »

 ガイアノーツ、11月、12月の新製品はバーチャロンカラー・シリーズの新色、第4弾と第5弾、全10種が発売される。各月とも5色づつのリリースとなる。 Read the rest of this entry »

 高品質のエアブラシで注目のメーカー アネスト岩田がエアブラシ講習会を開催する。
 内容は同社がリリースするDVD、「リアルエアーブラシテクニック」に準じた体験ができるというもので、講師には世界的なエアブラシアーティストである“真”こと野田真一氏を招き、フリーハンド・エアブラシテクニックについて実践的な体験ができる。 Read the rest of this entry »

 今回のタミヤ製品情報は、MPJ更新休止中のものも合わせてご紹介。
 1/35MMシリーズでは「ソビエト戦車部隊偵察チーム・水陸両用車セット」「イラク軍戦車 T-55エニグマ」、エアモデルでは「1/48 アブロ ランカスター B Mk.III スペシャル“ ダムバスター”/B Mk.I スペシャル“ グランドスラムボマー”」「1/72 三菱 零式艦上戦闘機五二型」などの発売の他、カーモデルではビッグスケール数種のリリースに加え、1/24も発売多数。船舶モデルの「1/350 日本特型潜水艦 伊-400 スペシャルエディション」再販にも注目だ。その他、「1/100 スペースシャトル・アトランティス」や、新しくなったコンプレッサーとエアブラシのセット「スプレーワーク HGコンプレッサー レボ Ⅱ(HG シングルエアーブラシ付き)」などもお知らせする。 Read the rest of this entry »

ガイアノーツ10月発売の新製品は、リニューアルされたマスキングコート「マスキングコートR」と「パールシルバー」「パールゴールド」「パールカッパー」の新色3色。
「マスキングコートR」は従来発売されていたマスキングコートの内容を一新、さらに使いやすく進化させたもので、より塗りやすく、換装後のカッターでの加工や剥がしやすさも全面的に改良されたもの。これまで使用を敬遠していたユーザーも、ぜひ一度使用してみることをオススメする。
「パールシルバー」「パールゴールド」「パールカッパー」の3色はこれまでイベントなどのみで発売されていたもので、ユーザーからの要望によりレギュラー商品としてラインナップされるというもの。通常のメタリック系塗料とは異なるパール塗料ならではの独特の質感は、フィギュアへの使用やキャラクターモデルへの活用で、さらに表現の可能性を広げてくれそうだ。
Read the rest of this entry »


編集部(以下 編)「師匠、今回は『モデラーのための色彩学』に寄せられたユーザーの方からのご質問にお答えしようという趣向ですよ」
線香亭無暗(以下 無)「うん、さっき寄せられた質問を読んだけど、結構色々きてるね」
「いやぁ、MPJ始まって以来の大反響なんですよ」
「質問の種類もバラエティーに富んでるね。色々な人が見てくれてるっていうのがわかって嬉しいね」
「じゃあ、なるべく沢山お答えしたいんで、早速行きましょうか」
「はいはい」
「では、『モデラーのための色彩学』特別編ということで、早速まいります」
Read the rest of this entry »

ガイアノーツより、8月末~9月発売の新製品情報が届けられた。
新発売となるのは「ラベンダー21」「ブルー21」「コンテナブルー」「コンテナレッド」の4色で、「ラベンダー21」「ブルー21」の2色はフジミより発売予定の[『ヤマハFZR750 1995年鈴鹿8耐 TECH21』に最適な他、キャラクターモデルなどにも流用できるパステル調のカラー。数量限定300本での発売となるので注意が必要だ。「コンテナブルー」「コンテナレッド」は鉄道模型用カラーの新色で、JR貨物の認証済み。いわゆる“お墨付き”の再現性という事になる。次々とバリエーションを増やす同社の今後にも注目だ。 Read the rest of this entry »


編集部(以下 編)「師匠、いよいよ『モデラーのための色彩学』も大詰めです!」
線香亭無暗(以下 無)「大詰めって、別にサスペンスドラマかなんかやってるわけじゃないんだからさ(笑)、もっと気楽に行こうよ」
「そうなんですけどね。なんか長い道のりを歩いてきたような気がして……」
「そんなに面倒くさかったかなぁ? まあ、聞きなれない事も多いだろうから馴染みにくいかもねぇ(笑)」
「でも、ここであきらめたら、一生食わず嫌いで終わりそうな気がするんですよ。だから最後まで付き合います」
「そんな、命取られる訳じゃないんだから(笑)。っていうか、君には最後まで付き合ってもらわないと原稿にならない」
「わかってます。もう、行きましょう。早速行きましょう!!」
「じゃぁ、『モデラーのための色彩学 その4』始めようか」 Read the rest of this entry »


編集者(以下 編)「師匠! 前回の『モデラーのための色彩学 その2』も非常に評判いいです」
線香亭無暗(以下 無)「そりゃ良かった」
「でもあれです。“いってることが難しくてよくわからない”っていう意見も結構寄せられました!」
「なんだいそりゃ、上げたり下げたり(笑)」
「そこで今回は“至極わかりやすく”お願いします」
「前回も判りやすく話したつもりなんだけどねぇ……(笑)。 Read the rest of this entry »


編集部(以下 編)「師匠! この『モデラーのための色彩学』大好評ですよ!! こんなに反応が来てます」
線香亭無暗(以下 無)「ありゃぁ、みんな塗装についてはいろいろ知りたいんだねぇ」
「じゃあこれを機に連載にしちゃいましょうか」
「その手には乗らない(笑)。これ以上ワタシにただで原稿か書かせようたって(キッパリ)。それに、そんなに書くことないもん。模型の塗装は基本さえ踏まえておけば、その後は自分で工夫するもんだよ」
「またすぐそうやってつれない事をいう……」
「ちょっと寄せられたメールを読むから先に進めといて」
「まいったなぁ。それじゃ師匠に成り代わり『モデラーのための色彩学 その2』スタートです!」 Read the rest of this entry »