Posts Tagged ‘ツール/マテリアル’

 ガイアノーツ4月の新製品は新色3色とマテリアル関連商品。クリアー系の新色1色と蛍光系2色に加え、接着、穴埋め、合わせ目消しなどに使用できる「瞬間クリアパテ」が発売される。 Read the rest of this entry »

 タミヤ4月発売の製品情報はMMシリーズ限定モデルが充実。一部、3月発売の追加製品情報と共にお届けする。
1/35「ドイツ大型指揮官車 コマンドワーゲン 司令部スタッフセット」はドイツ軍高級将校用指揮官車として使用されたコマンドワーゲンにフィギュア7体をセットしたもの。思わずジオラマ制作に挑戦したくなるモデルだ。その他「1/35 イタリア重戦車 P40」「1/35 アメリカ M10駆逐戦車」「1/35 アメリカ M36ジャクソン 駆逐戦車」など限定モデルの再販も続々。1/48MMシリーズでは「No.71 ソビエト重戦車 JS-2 1944年型 ChKZ」が発売。小スケールながら、強力な長砲身1と重装甲に優れた機動力を兼ね備えた大戦末期のソ連軍の主力重戦車を迫力満点に立体化している。
エアモデルでは「1/48 レジアーネ Re2002」が再生産。イタリア機らしからぬ太くてコンパクトな胴体や絞り込まれたカウリングなど、特徴的な機体を再現するる。その他、「1/48 傑作機シリーズ No.112 アブロ ランカスター B Mk.I/Ⅲ」がパッケージリニューアルで再登場する。
マテリアル関連ではウェザリングマスターに「カーモデル シャーシ用」が限定リリース。『赤焼け』『チタン』『ガンメタル』の3色で、カーモデル制作の強い味方になってくれるだろう。 Read the rest of this entry »

 フジミ4月の新製品、注目は全日本ロードレース選手権で活躍するエヴァレーシングの「1/12 ZX-10R 2011ZX-10R」。キットは2011年仕様で、初号機、弐号機が同時発売となる。その他、カーモデルでは「1/20 フェラーリ F10 日本GP スケルトンボディ」「1/20 マクラーレンHonda MP4/5前期型 サンマリノGP」に加え、新シリーズ“峠シリーズ”として1/24国産車4種が一挙に発売。
 AFVでは1/72ミリタリーシリーズ No.8 として「陸上自衛隊 10式戦車 ドーザー付き」が発売。独自のフォルムを持つ試作3号車を再現することができる。
 船舶モデルでは1/700 特シリーズより、「瑞鶴(昭和16年)」と「鳳翔(昭和19年)」が発売。
 その他、1/24 THE★ホイールシリーズ2種や1970年代に発売されていた「浅草寺」、ディティールアップシリーズNo.42「外国車用 ナンバープレート」なども発売される。 Read the rest of this entry »

 サイバーホビー製品を中心としたプラッツ製品情報をお届け。
 AFVではサイバーホビー「1/35 WW.Ⅱ アメリカ陸軍 1/4トン 4×4 小型装甲車 w/キャリバー50」「1/35 WW.Ⅱ ドイツ軍 Ⅳ号突撃砲 後期型 (スマートキット)」が発売。どちらも大人気車輌だけに見逃せないところ。
 エアモデルではゴールデンウイングシリーズの新製品「1/72 WW.Ⅱ アメリカ海軍 SB2C-4 ヘルダイバー」が登場。エッチングパーツも付属したハイディテールが特徴だ。
 船舶モデルではフォークランド紛争から30年となるのを記念して1/700イギリス海軍「航空母艦 インヴィンシブル」「42型駆逐艦 シェフィールド(バッチI)」がリリースされる。
 ツール/マテリアル類では「<エグザクト> カービングナイフセット」「ヒートペン EASY WELDER」「クラフト用スターチ(でんぷん樹脂)ねんど レジックス」などを紹介。その他、「サイバーホビー プラモデルキット 2012年 商品カタログ」やDVD「ブルーインパルス2011 震災からアクロ復活までの205日 絆」なども紹介する。 Read the rest of this entry »

 ウェーブ 3月の新製品情報をお届けしよう。
 まず注目はマシーネンクリーガー プラスチックモデルシリーズより『A.P.50 フンメル』がいよいよリリース。NITTO製の1/20フレーダーマウスをベースに「フンメル」用の新規パーツがセットされたもので、着陸脚はホイールタイプかスキッドタイプの選択式、機首パーツはクリアー成形となるなど、Ma.k.ファン待望のキットの登場といえる。
 キャラクターキットのアクセサリーとして重宝しそうなのが『H・ハンガー[グレー]・[ホワイト]』。キャラクターキットやSFモデルを飾るのに最適なディスプレイベースで、ワンセットで80mm四方の小サイズから160mm程度まで、自由に組み換えができるのが特徴。複数セットを組み合わせることで、さらに自由なレイアウトが可能になる。
 ツール/マテリアル関連では『ルーペスタンド[LEDライト付]』と『ヤスリスティック フィニッシュ』が登場。どちらも模型制作の強い味方となってくれる。
 この他、ビージェイのみの予約販売となるレジンキャストキット、『1/24 エクルビス』の情報も掲載する。 Read the rest of this entry »

 ガイアノーツより、『電脳戦記バーチャロン』カラーシリーズがいよいよリリース!
 カラーはハセガワのアドバイスに基づき、原料から見直して製造されたもの。発色の良さがキモともいえるバーチャロンだけに期待の高まるところだ。
 ツール/マテリアル関連では「G-12 マイクロセラブレード」の替刃に加え、ガイアノーツ特別仕様(数量限定)の「NCデカール05 1/144 シルバーSPカラー」「NCデカール05 1/144 ゴールドSPカラー」が発売される。 Read the rest of this entry »

 MPJ初となるWAVE製品情報をお届け。
 今回お知らせする2月発売の新製品は「1/72 レギオス エータ アーモソルジャー」と、B5サイズでグレーのプラスチック板「プラ=プレート」。「1/72 レギオス エータ アーモソルジャー」は第51回全日本模型ホビーショー フォトレポートでも紹介した『機甲創世記モスピーダ』に登場する主役機。可変機であるレギオスを人型の“アーモソルジャー形態”でキット化する。
 「プラ=プレート」はディテールアップや改造などに使用できるグレーのプラスチック板で、0.3mm、0.5mm、1.0mmの各サイズがリリースされる。 Read the rest of this entry »

今回のタミヤの製品情報、何と言っても目玉は1/350戦艦シリーズの「日本戦艦 大和」だろう。最新考証に基づいて新たにおこされたキットは、完成時全長752mm、総パーツ数1500を超える、まさに“タミヤのフラッグシップ”ともいえる内容。加えて制作をより楽しむためのオプションパーツが多数発売されるのも見逃せない。
バイクモデルでは1/6「Honda CB1100R(B)」「ヤマハ XS1100LG ミッドナイト・スペシャル」「Honda MB50」のビッグスケールモデル3点の再販に加え、1/12「Honda CB1100R」「スズキ RG250 Γ」の再販も。カーモデルでは「1/24 Honda 無限 シビック Si Gr.A レーシング」「1/24 トヨタ セルシオ」「1/24 ニスモ クラリオン GT-R LM ’95ル・マン出場車」も再販。
エアモデル新製品は1/48と1/72で発売される限定モデル「ノースアメリカン P-51D マスタング “タスキーギ エアメン” 」。その他、発売中の「1/48 デヴォアティーヌ D.520 エース搭乗機 (スタッフカー付き) 」や、再販となる1/72「リパブリック P-47D サンダーボルト “レイザーバック” 」「リパブリック P-47D サンダーボルト “バブルトップ”」も紹介する。
AFVでは1/35 スケール限定の「ドイツ重戦車 キングタイガー (アルデンヌ戦線)(アベール社製エッチングパーツ/金属砲身付き)」と「1/35 イスラエル軍戦車 M51 スーパーシャーマン」の2点が登場。
その他マテリアル関連の情報も多数する。 Read the rest of this entry »

フジミ模型より届けられた11月の新製品情報をお届けしよう。
船舶モデルでは「1/350船舶シリーズ 旧日本海軍空母 飛龍」が満を持して発売。大スケールの航空母艦はキットのままでも作り応え十分。心待ちにしていた人も多いだろう。この他、近代航空母艦の礎となった「1/700 特シリーズNo.57 旧日本海軍航空母艦 鳳翔(昭和17年仕様)も発売される。
カーモデルでは「/20グランプリシリーズ No.32 フェラーリF10 日本GP」が早くも登場。開幕前のゴタゴタや、シューマッハの復帰、ブリジストンのタイヤ供給最終年など、印象深い一年だっただけにファンには嬉しい一台だ。1/24 インチアップシリーズからは「ニッサンス カイライン JAPAN 4ドアセダン C120後期型」がリリースされる。
エアモデルでは「1/72 F-15E ストライクイーグル」が発売。エンジン単体でもディスプレイ可能など、独自のアイディアが目を引く。
AFVでは「ドイツ軍トラック 対空機銃搭載仕様」が1/72で登場。輸送トラックの荷台に2cm FlaK 30を搭載した仕様で、ジオラマなどにも活躍しそうだ。
この他、韓国のメーカー『KA MODELS』の自動車用ディテールアップパーツの情報なども紹介する。
Read the rest of this entry »

ガイアノーツ11月の新製品はツール2種が発売。
まず最初はセラミック製の精密バリ取りツール「マイクロセラブレード」。刃の片面は直線、反対側はカーブのセラミック製のブレードで、プラモデルやガレージキットのパーティングラインなどを削り取ることができる。線香亭無暗氏によれば、「スクレイパー系のツールの中で最もプラと相性がいいのはセラミックの刃」だとの事。モデラーの強い味方となってくれそうだ。もうひとつは好評発売中のスーパースティック砥石用の「スペア砥石 240番」。極狭い隙間でもヤスリがかけられるスーパースティック砥石に新しい番手が加わることで、高い作業性を実現する。
Read the rest of this entry »