Posts Tagged ‘フレームアームズ’

コトブキヤ11月発売の新製品は「RZ-014 ゴドス」「SA-17s ラピエール ゼファー」「D-スタイル ガオガイガー」の3点。
「RZ-014 ゴドス」はHMM初の共和国軍の小型量産機で、シリーズ屈指の可動範囲を実現。一般機と指揮官機の2タイプに換装が可能な他、HMMオリジナルの機構も取り入れさらにプレイバリューが広がっている。
先に発売されたFA「ラピエール」のバリエーション・キットとして発売されるのは「SA-17s ラピエール ゼファー」。成型色は赤から青に変更、新たな頭部パーツや武器なども付属する。
D-スタイルからは「ガオガイガー」が登場。一部差し替えで“ギャレオン”“ガイガー”“勇者王ガオガイガー”に変形・合体可能なうえ、豊富なオプションパーツで劇中のイメージを再現することができる。 Read the rest of this entry »

Read the rest of this entry »

線香亭無暗のやたら模型制作室
はい、皆様こんにちは。
都内では停電などによる混乱がありつつ、いろんな所が徐々に正常化しています。しかしまあ、メディアを見ると何とも日本のご機嫌が斜めなこと。時節柄仕方がないのもわかりますが、もう少し何とかならないもんかね、と思います。「あそぼ」っていうと「あそぼ」って言うし、「ゴメン」って言うと「ゴメン」って言うんですから。こういうときこそどう人に接するかを考えたいものですなぁ。まあ、私は「模型作ろう」って言うんですけどね。
さて、そんなところで今週はコトブキヤ フレームアームズ「SA-17 ラピエール」完成編。早速、張り切ってまいりましょう。 Read the rest of this entry »

線香亭無暗のやたら模型制作室
はい、皆さんこんにちは。
MPJのニュースにもあるように、東北地方太平洋沖地震が各地に甚大な被害を出しています。被害に遭われた方、被害に遭われたご家族や友人、知人をお持ちの方の心中は察しても察しきれません。心よりお見舞いを申し上げますとともに、一日も早く日常の生活を取り戻されることを心よりお祈り申し上げます。

で、まあ、こんな時に模型を作っている場合じゃないのではないか? とも思いましたが、Twitterで「今、娘がNHK教育の番組を見て一緒に踊っている。地震の前と同じ光景に涙が出る」というつぶやきを読んだりして、今やるべきことは“一日も早く日常を取り戻すこと”なんじゃないかと思いなおしました。今だ遣りきれないニュースが続きますが、ほんの一時でも慰めになればと思っています。そんな訳で「線香亭無暗のやたら模型制作室」は通常どうりに更新させていただきます。まあ、いつもどうりとはいきませんが、やると決まれば張り切って参りましょう。 Read the rest of this entry »

線香亭無暗のやたら模型制作室
はい、皆さんこんにちは。
東京ではようやく春めいた気候になってきて、まさに“一雨ごとに暖かくなる”感じ。とはいえ今年の花粉は激烈で、閉め切った部屋の中にいてもハナミズがたれてきます。もうこの水分量といったら一日に摂取する水分量よりも多いんじゃないかというほどで、塗装なんかするときには非常に危険です。何とか鼻炎薬でごまかしながら作業を続ける日々が続きます。ああ、早いこと花粉の季節が終わらないかなぁ……。
と、そんなことはどうでも良いので、「コトブキヤ 1/100 フレームアームズ「SA-17 ラピエール」 その2、早速まいりましょう。

Read the rest of this entry »

線香亭無暗のやたら模型制作室
はい皆様、今週も始まりました「線香亭無暗のやたら模型制作室」。東京では春一番も吹き、急に20度くらいの気温になったと思ったら、寒の戻とか何とかで一気に5度まで気温が下がるという、一体どうやって過ごせばいいんだ的な気候ですが、それにもめげず、ビシビシ模型を作ります。そして今回からは新ネタ! それでは張り切ってまいりましょう。  Read the rest of this entry »

コトブキヤ2月の新製品情報、まず注目はMPJイチオシのフレームアームズ新製品「SA-17 ラピエール」が発売。FA初となる“女性型”のスリムなデザインは新たな展開を予感させる期待の新製品だ。
マブラヴ関連では「日本帝国斯衛軍 00式戦術歩行戦闘機 武御雷 Type-00R」に続き、『マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス』より、頭部パーツ等を新規で起した「武御雷 Type-00F 篁唯依機」が発売となる。
『一撃殺虫!! ホイホイさんLEGACY』プラキットシリーズからは「ホイホイさん~着せ替えセット~」がリリース。頭部は「ツインテールVer.」、アンテナは「おしゃべりホイホイさん」。ボディパーツは「体操服Ver.」「スクール水着Ver.」の他、武器類も付属する。
一部で熱い人気のD-スタイルではイングラム2号機が発売。同スケールの「98式特型指揮車」が付属する他、Dスタイルのパトレイバーシリーズに使用できるデカールも付属するという充実の内容となっている。
Read the rest of this entry »

コトブキヤより1月に発売される模型関連アイテムの情報をお届けしよう。
まずはボーダーブレイクシリーズ「1/35 セイバー オープニングムービーカラー」が強襲兵装仕様で発売される。コトブキヤオリジナルの“クロスフレーム”により可動と兵装の組み換えを両立した仕様で、何といっても独特の雰囲気を醸しだすカラーリングがモデラー心をそそる。
MPJイチオシのコトブキヤ・オリジナル、プラキットシリーズ“フレームアームズ”からは「RF-9 レヴァナント アイ」がリリース。偵察型を表す頭部レドームや、各種アーマーなどは全て新規パーツとなり、これまでに発売されている「轟雷」「スティレット」系のパーツと組み合わせることにより、より多彩なオリジナル機を組上げることもできる。
人気の“D-スタイル”第5弾は「機動警察パトレイバー The Movie」で特車二課に立ちふさがった「零式」がラインナップ。「暴走状態」の頭部は差替えで再現、豊富な装備類も付属する。
また、コトブキヤの新ジャンルともいえるフィギュア系プラスチック・インジェクションモデルでは、ロックマンより「ブルース」が登場。シンプルに見えながら非常に考えられた可動と、3種の表情が再現できる顔パーツや、マフラーなど、まさに「フィギュア」と「プラキット」の長所が融合した“楽しめる”キットとなっている。
他にも先行情報として3月発売のM.S.Gシリーズ、“ゼンマイやスプリングで稼動する”“合体分解に加えアタッチメントで様々な箇所に装着が可能”等の特徴を持つ“遊べる”の新作3種の情報も掲載するので、ぜひとも下記をチェックしていただきたい。
Read the rest of this entry »

MPJが注目するコトブキヤ・オリジナルキット“フレームアームズ”より、かねてより発売が待たれていたシリーズ第5弾「三八式一型 榴雷・改」がいよいよ登場!! 当ギャラリーでも紹介している陸戦型フレームアームズ“轟雷”を基礎アーキテクチャーとして、砲撃戦に特化した機体として武装・装甲強化され「支援砲撃車両と突撃戦闘車両」として投入されたという設定。背部キャノン砲と脚部パーツを展開し、頭部外装パーツを組みかえれば「砲撃戦仕様」に変形する。
キットは設定どうり、轟雷をベースに新規の武器とアーマーパーツがセットされており、組立て後でも、重厚なシルエットを持った“榴雷・改”と従来の“轟雷”のどちらにも換装が可能という、フレームアームズならではの特徴を持っている。また、パーツの取り付け穴は3mm径とシリーズ共通なので、フレームアームズ同士でパーツを組み合わせたり、M.S.Gウエポンを始めとする様々なM.S.Gシリーズを装備することができ、手軽にオリジナルフレームアームズを作り上げることもできる。成型色は白を中心としたオリジナルカラー。そのまま組んでも十分楽しいが、塗装や改造、ディテールアップすれば尚楽しいフレームアームズの世界を堪能できる内容となっている。 Read the rest of this entry »

2010年10月14~17日、幕張メッセにて行われた「第50回全日本模型ホビーショー」のフォトレポートをお届けしよう。
今回で50回目の開催を向かえた同イベントは71社の出展を数え、大変盛況となった。特に16、17日の一般公開日では各ブースにて様々なイベントや様々なアイテムの販売が行われ模型ファンを楽しませていた。
モデラーズ・プレス・ジャパンではこの様子を写真レポートでお届けする。各メーカーとも力の入った新製品をはじめ、魅力的なアイテムが満載。ぜひお楽しみいただきたい。
Read the rest of this entry »