ハセガワより追加の新製品情報が届けられた。
何といっても注目なのはMa.Kファン待望の「MK04 1/35 P.K.H.103 ナッツロッカー」。シュトラール国防軍が対AFS用に開発した無人大型ホバー戦車で1/35では屈指の大型キットとなる。可動部やオプションパーツも付属する他、同スケールの「グスタフ」と「メルジーネ」が付属するという豪華な内容。ファンならずとも手に入れておきたいキットだ。
1/350の船舶アクセサリーでは「日本海軍 戦艦 三笠“日本海海戦”木製甲板」が発売。先に発売された「1/350 三笠 ディテールアップパーツ スーパー」と共に、よりリアルな仕上がりを楽しむ事ができるようになった。
その他、限定生産のエアモデルの情報も満載! モデラーにとって賑やかな年末年始が迎えられそうだ。



◆SFモデル

■MK04 1/35 P.K.H.103 ナッツロッカー

このところ新たな盛り上がりを見せるMa.k関連だが、待ちに待った大型キットがお目見えする。「P.K.H.103 ナッツロッカー」はシュトラール国防軍が開発した、対AFS用無人大型ホバー戦車。2門の6cmレーザーカノンを搭載し、敵AFSからの中間赤外線レーザー攻撃に耐える特殊耐熱セラミック装甲を持つ強靭な移動砲台だ。敵AFS(通称:ピーナッツ)を多数撃破し、戦果をあげたことにより、敵味方から「ナッツロッカー」のペットネームが与えられた。
キットはオリジナルモデルを忠実に1/35スケールで再現され、底面ホバーは横山 宏氏監修による最新設定を立体化。原型製作は脊戸真樹氏が担当という決定版ともいえる内容。砲塔は旋回可能で、側面の回転式レーザーも可動する。ホバー右側面のハッチは別パーツ化されており、内部の給油口も再現するという懲りよう。オプションでスモークディスチャージャーが付属する。さらに嬉しいのは、同スケールの「グスタフ」と「メルジーネ」が付属すること。左腕はマニピュレーターとエクサイマー高出力レーザーガンの選択式で、ノイパンツァーファウスト&パンツァーシュレックが付属する。グスタフはキャノピーがクリアー成形、搭乗用パイロット部品付き。お馴染みの塗装カードも付属する。デカールはシルクスクリーン印刷で4機分をセットという豪華な内容だ。

製品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/35スケール
価格 ¥7,560-
2010年12月17日頃発売予定
(C) Kow Yokoyama 2010



◆ディテールアップパーツ

■1/350 日本海軍 戦艦 三笠“日本海海戦”木製甲板

先に発売された「1/350 三笠 ディテールアップパーツ スーパー」に続いて1/350三笠用の木製甲板パーツが発売される。木製甲板は非常に繊細な表現がされており、そのままでも十分楽しめるが、表面の慣らしやウェザリングを行うことで、よりリアルな仕上がりが楽しめるだろう。大スケール戦艦ならではのパーツだけに、徹底ディテールアップはには欠かせないパーツだといえる。
製品仕様 ディテールアップパーツ(“黄海海戦”にも使用可能な内容となっています)
商品サイズ 1/350スケール
価格 ¥3,780-
発売中



◆エアモデル

エアモデルでは限定生産品が目白押しだ。一部10月28日の記事と重複するが、パッケージ画像などを紹介する。

■1/48 S-61A シーキング“南極観測船しらせ”

海上自衛隊所属の三代目南極観測船「しらせ」に搭載されていた機体を再現。S-61の改造機で、機首前方の左右に追加された後方確認用ミラーが特徴だ。そのカラーリングの印象から「カラス」の名称で親しまれた。
デカール/横須賀地方隊 しらせ飛行科 /第101航空隊 所属機(館山基地)、「87」、「86」(おまけ:「85」)
メタルパーツ/機首前方に付く大型バックミラー部品

製品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/48スケール
価格 ¥6,090-
発売中


■1/48 F-4J ファントム Ⅱ“VX-4 ブラック ファントム”

VX-4はアメリカ海軍戦闘機のウェポンシステム評価試験を行う部隊。キットは全面グロスブラックにバニーマークでお馴染みの“初代バンディ1”を再現。成形色はブラック、デカールは色透けの少ないシルクスクリーン印刷となる予定。
デカール/第4航空試験評価飛行隊 所属機「XF1」“バンディワン”(1972年)、第4航空試験評価飛行隊 所属機「XF1」“バンディワン”(1973年)
製品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/48スケール
価格 ¥3,990-
発売中


■1/48 F-16E ファイティング ファルコン

アラブ首長国連邦 空軍に配備されている、コンフォーマルタンク装備タイプの単座型がキット化。形状の異なる垂直尾翼基部は新金型パーツによって形状を再現。最新装備のF-16となる。
デカール/アラブ首長国連邦 空軍 所属機より「3080」「3031」「3033」「3056」「3060」「3028」「3029」
新規プラ部品/垂直尾翼基部
製品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/48スケール
価格 ¥3,990-
発売中


■1/48 フォッケウルフ Fw190A-8 w/Bv246 ハーゲルコルン

胴体下面にグライダー型爆弾「ハーゲルコルン」を搭載したFw190A-8試験機をモデル化。爆弾に細長い翼を取り付け、滑空させる事により、遠方の目標が爆撃可能というコンセプトでテストが行われた。デカールは想定塗装と試験機などがセットされる。
デカール/第53爆撃航空団 第8中隊 所属機「A1+DS」(想定塗装)、試験機(コード無し/実戦向け塗装機)
レジン部品/Bv246滑空爆弾、取付支持架部品
実機解説書/ドイツ機研究家の国江隆夫氏による実機解説書が付属。
製品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/48スケール
価格 ¥5,040-
発売中


■1/72 ハリアー GR Mk.9“FAA 100th アニバーサリー”

イギリス海軍/空軍仕様の最新型、GR Mk.9を1/72スケールで再現。デカールはイギリス海軍航空隊100周年を記念した特別塗装機「ZD406」と、空軍型から第4飛行隊の特別塗装機がセットされる。
デカール/イギリス海軍 海軍打撃航空団 海軍航空100周年記念塗装機「ZD406」(2009年)、イギリス空軍 第4飛行隊 開隊95周年記念塗装機「ZD410」(2007年)
新規プラ部品/GR Mk.9用の主翼付根インテーク部品
製品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/72スケール
価格 ¥2,310-
2010年12月16日頃発売予定


■1/72 三菱 G3M2/G3M3 九六式陸上攻撃機 22型/23型 “マレー沖海戦”

1941年12月マレー半島沖、対イギリス海軍 東洋艦隊の戦闘において、一式陸攻と共に英艦隊プリンス・オブ・ウェールズとレパルスを撃沈した仕様として九六陸攻がリリース。「G-351」は雷撃搭載機、「G-334」は索敵機/6番爆弾搭載機となる。
デカール/元山海軍航空隊 第2中隊 所属機「G-351」(1941年12月)、元山海軍航空隊 第4中隊 帆足 正音大尉 乗機「G-334」(1941年12月)、美幌海軍航空隊 所属機
製品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/72スケール
価格 ¥3,150-
2010年12月17日頃発売予定


■1/72 ポリカルポフ I-16 コンボ (2機セット)

独特な形状が特徴的な旧ソ連海軍所属機より、2機セットでエース機を再現。「11」は北海艦隊航空隊 所属機で「ムルマンスクの星」と呼ばれたエース機でガンカメラを装備。「21」はバルチック艦隊航空隊 所属で、胴体側面に「親衛部隊章」を記したエースの機体だ。
デカール/タイプ24:第72混成連隊、ボリス F. サフォーノフ大尉 乗機「11」(1941年夏)、タイプ24:第4親衛戦闘連隊 ゲンナジー ツォコリャーエフ上級中尉 乗機「21」(1942年)、タイプ24:第254戦闘連隊 クリチェフスキー中尉 乗機「21」(1943年)
製品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/72スケール
価格 ¥2,520-
2010年12月19日頃発売予定


■1/48 F-16C ファイティング ファルコン“サンダーバーズ 2010”

昨年の来日で話題となったアメリカ空軍 アクロバットチーム“サンダーバーズ”が2009年より転換した使用機「F-16Cブロック52」をキット化。2010年の最新仕様が再現できるサンダーバーズファンには見逃せないキット。
デカール/アメリカ空軍 アクロバットチーム“サンダーバーズ”所属機(2010年)
製品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/48スケール
価格 ¥4,200-
2010年12月19日頃発売予定

詳しくはハセガワHPへ


Comments are closed.