線香亭無暗のやたら模型制作室
はい、皆様こんにちは。
最近、作る模型の数が増えていて、机の周辺には3キット分くらいパーツがごちゃごちゃに散乱しています。きちんと箱に入れて仕分けはしてるんですが、それぞれの制作が佳境に入ると、もう机の上で混在している状態になったりします。自分でもよく混乱しないものだと感心していたら、仮組みの時になって、どれがどの部品なのか大混乱。やっぱり模型はひとつずつ、健康的に作りたいものですなぁ。なんて愚痴っぽいことをいってないで早速制作に入りましょう。

今回はコトブキヤ「ライガーゼロ」3回目。前回は仮組みからパーツの加工までが大体終わっていました。そうなると今回は“塗装”ということになるんですが、最初に言っておきます。今回の記事は非常に

地味

です。
えーと、いつもはなるべく地味な作業をすっ飛ばして紹介しているんですが、「その地味な作業こそが見たい!!」という朱徳な方からのリクエストが3通ばかりありまして、それならお見せしましょう、というわけです。

はい、前回までの写真。パーツの下処理に付いては前回終わってしまっているので、塗装のプロセスについて書いていきましょう。実はもう塗装が済んでいるパーツもあります。メタリックや水色など、今回の模型では使用頻度の少ないものは先に塗ってしまいました。

使っているのは毎度おなじみのガイアカラー。今回はハイキューパーツの「サンセットゴールド」と「シャンパンゴールド」のサンプルが届いたので使ってみました。口の中の赤っぽい色がサンセットゴールド、牙や足指の部分はシャンパンゴールドです。他にはガイアカラーのスターブライトアイアンスターブライトゴールドスターブライトシルバーなどを使っています。
 
さて、それではそろそろ本題に。

今回はフレームパーツを仕上げていこうかと思います。
このキット、フレーム部にはゾイドらしいディテールが満載ですから、きちんと塗り分けてやると、それだけで充実感が違ってきそうです。

例えば、このメッシュ状の部分とか、

関節部のディテールとか。そこでまず、フレームパーツの金属感が欲しい部分にガンメタルを吹き付けていきます。

マスキングも何もしないで、細めに調整したエアブラシでざっと吹き付ける感じです。

塗料が乾いたらガンメタルを残したい部分をマスキングしていきます。

こんな感じに。

で、マスキングが済んだ状態がこちら。写真で見るとあっという間ですが、ゆうに半日位はかかります。こういう作業が一番手間のかかる作業なんですね。


それが済んだら全体にサーフェイサーエヴォ ブラックを吹き付けます。これは最初に塗ったガンメタルの上からフレームのメイン色を吹き付けるため、なるべく下も色の影響がでないようにするためです。

フレームのメインになる色はガイアカラーのEx-ブラックに少量のブライトシルバーを足したもの。混色比はEx-ブラック95%+ブライトシルバー5%位でしょうか。強い光が当たるとかろうじてメタリックだとわかるくらいの色に調整してあります。こうしておくと組みあがった時にパーツのエッジがきれいにでるという効果があります。まあ、写真だと見た目にあんまり変わらないんですが……。

前足のフレーム部分。関節部の塗り分けがいい雰囲気です。

フレームだけを見ていると気が付かないんですが、他の色のパーツを付けると意外と効果が大きいのがわかりますでしょうか?

引き出し式のフレームパーツもガンメタルで塗り分け。

フレームだけだと華がないんで、ヘッドパーツを組み立てて見ました。白い部分はまだ塗装前の状態です。

コクピットも塗り分けてみました。使ったのはインテリアカラー(戦車社内色)。これ個人的に非常にお気に入りの色です。

さて、こんな感じで今回はオシマイ。次回は外装の塗装から仕上げまで一気に参ります。
それでは今回はこの辺で。次週はいよいよ完成編。次回も乞御期待!!

(c) TOMY   (c) ShoPro ZOIDS is a trademark of TOMY Company,Ltd. and used under license.

コトブキヤ ライガーゼロHPはこちら
<前の記事へ ◆ 後の記事へ>


Comments are closed.