細部まで徹底的に拘りぬいた製品で評判の、国内AFVメーカー「タスカモデリズモ」より新製品情報が届けられた。
まずはM4A3の後期型車体をベースに歩兵支援用の突撃戦車として開発されたM4A3E2シャーマン”ジャンボ”。車体の前・側面に溶接された増加装甲や、鋳造の基部に溶接製の装甲を追加した防盾、T23砲塔ベースの砲塔、ダックビルを追加したT48型キャタピラなど、“ジャンボ”の特徴を余すところなく再現したキットとなっている。
また、同社人気商品「1/35 陸上自衛隊 デカールセット」からは新に「セットD」が発売。2000年代の後半から採用された御殿場周辺に駐屯する部隊の最新のマーク5種類を集めたものだ。
タスカモデリズモHPでは、製品の元となった車体の解説も充実している。AFVファンならアクセスしてみる価値は十分にあるだろう。
 

◆AFV

■1/35 アメリカ突撃戦車 M4A3E2シャーマン”ジャンボ”

歩兵支援用の突撃戦車として“ジャンボ”の愛称で親しまれた“M4A3E2シャーマン”を細部まで拘り抜いて再現されたキット。M4A3の後期型車体をベースとし、車体の前面、側面に増加された1.5インチの装甲、T23砲塔をベースに全周を増厚したした砲塔、鋳造製の基部に溶接された防盾、重量増加に対応するため延長エンドコネクター=ダックビルを装備したキャタピラなど、ベビーユーザーも納得の仕様でキット化されている。増加装甲は車体上部に張り付ける形でパーツ化され、主砲は75mmと76mmの2種類入り。ロードホイルはセンターハブが大型化されたビッグハブ転輪など3種が用意され、マーキングは北西ヨーロッパ戦線のアメリカ軍のもの4種がセットされている。

商品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/35
価格 ¥5,985-
2010年12月発売予定

 

◆マテリアル

■1/35 陸上自衛隊デカールセットD

人気の陸自戦車1/35デカールセットの新作は2000年代後半より御殿場周辺に駐屯する部隊の最新マークを収録したもの。「評価支援隊 戦車中隊(滝ヶ原駐屯地:74式戦車)」「富士教導団 戦車教導隊 第3中隊 中隊長車(富士駐屯地:74式戦車)」「富士教導団 戦車教導隊 第5中隊(新旧2種)(富士駐屯地:90式戦車)」「第1機甲教育隊 第1中隊(駒門駐屯地:90式戦車)」が再現でき、砲塔横の各部隊章をはじめ、銘板や陸上自衛隊の桜のマークも収録されている。車番は戦車教導隊第3中隊を除き各部隊それぞれ2台分が用意されているのも嬉しいところだ。




商品仕様 水転写デカール(カルトグラフ製)
価格 ¥1,050-
2010年11月発売予定

詳しくはタスカモデリズモHPへ


Comments are closed.