ハセガワより届いた製品情報は、先日の第50回全日本模型ホビーショーのフォトレポートでも紹介した「スコット レーシングチーム ホンダ RS250RW“2009 WGP250 チャンピオン”」の完成見本画像。ハセガワが新に挑む新シリーズ“1/12バイクシリーズ”第1弾として発売される同モデルは青山博一選手のライディングで2009世界チャンピオンマシンとなった。キットは実車取材に基づき、そのフォルム、ディテールを徹底再現。初回生産版には限定でクリア成型のカウリングパーツが付属するので、精密に再現されたエンジン回りを“見せる”ディスプレイも楽しめる。リアサスペンションには金属製のスプリング、ストロークセンサー用金属シャフト、ブレーキチューブなど、プラスチック以外のパーツも豊富に付属し実感を高めている他、発色が良く色透けの少ないカルトグラフ製デカールがセットされるのも嬉しいところ。
エアモデルからは「1/32 中島 キ44二式単座戦闘機 鍾馗 Ⅱ型“震天制空隊”」と「1/200 ANA ボーイング 737-200(2機セット)」が発売。詳しくは下記をご覧いただきたい。


◆二輪車モデル

■1/12 スコット レーシングチーム ホンダ RS250RW“2009 WGP250 チャンピオン”

ハセガワが挑戦する新シリーズは“二輪車”。レーサーモデルを中心に、独自の視点でチョイスされるアイテムは、今後の展開が非常に楽しみだ。そして、その第1弾としてリリースされるのが「スコット レーシングチーム ホンダ RS250RW“2009 WGP250 チャンピオン”」だ。商品名にあるとおり、青山博一選手のライディングで2009年 250ccクラスのチャンピオンシップを勝ち取った“ホンダ RS250RW ゼッケン4番”を精密に再現。各部の詳細なディテールに拘った作りに加え、リアサスペンション用金属製スプリング、ストロークセンサー用金属シャフト、各種チューブ類などはマルチマテリアルでセットされるという意欲作だ。組立て後もカウリングを外すことができ、エンジンを露出した状態でディスプレイできる他、初回生産分には限定でクリア成型されたフロントカウリングパーツが付属する。デカールもカルトグラフ製と抜かりはない。
2010年より大幅なレギュレーション改正が加えられてMoto2クラスとの混走となり、2011年からはMoto2の実質ワンメイクとなる予定のこのクラス。“最後のWGP250 チャンピオンマシン”を机上に飾ってみてはどうだろう。
商品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/12スケール
価格 ¥3,990-
2010年11月下旬発売予定

 

■TFシリーズ

「1/12 スコット レーシングチーム ホンダ RS250RW“2009 WGP250 チャンピオン”」の発売に合わせ、ディテールアップ用曲面追従シートに新商品が加わる。極薄で伸縮性に富んだシートは、曲がった面への密着性に優れ、塗装では難しい複合素材の表現をリアルに再現することができる。今や二輪車/自動車レースのみならず一般車でも多く見られるカーボン系の素材を再現するのに最適なシリーズだ。

■カーボンケブラーフィニッシュ(平織)

レーシングマシンに欠かせないカーボン素材を表現したフィニッシュシリーズ。「平織」はカーボンとケブラーを約1:1の割合で織り込んだもので、高強度、高耐熱性を発揮するためレーシングマシンのモノコックやカウル、エンジンカバー、サイレンサー、シートのバックレストなどに広く使用される。
品番 TF16
価格 ¥1,365-
11月下旬頃発売予定

 

■カーボンケブラーフィニッシュ(朱子織)

TF16と同じくカーボン素材を表現したフィニッシュシリーズだが、こちらの「朱子織」はカーボンとケブラーが約3:1の割合で織られた状態を再現。より柔軟性に優れ、カウルやエンジンカバーなどに使用されることが多い。写真のようにカウリングの裏側の表現などには最適の素材だ。
品番 TF17
価格 ¥1,365-
11月下旬頃発売予定

※MPJでは、近くこのFTシリーズの特性や使用法を「MPJ技の泉」にて特集する予定。どうか御期待いただきたい。
 
 

◆エアモデル

■1/32 中島 キ44二式単座戦闘機 鍾馗 Ⅱ型“震天制空隊”

最高速度と加速性能に焦点を当てて開発され、“一撃離脱戦法”で多くの戦果を挙げた一型のエンジンを「ハ109」に換装、卓越した射撃安定性を誇ったといわれる「キ44二式単座戦闘機 鍾馗 Ⅱ型」。キットは大戦末期に本土防衛にあたり、優速のB-29に体当たり攻撃を敢行するため武装などを撤去した“震天制空隊”の姿を再現している。特徴的な胴体側面の“陣太鼓”のマークはもちろん、「II型乙:飛行第47戦隊 震天制空隊 所属機「32」(成増飛行場)」「II型乙または丙:飛行第47戦隊 震天制空隊 所属機「36」(成増飛行場)」デカールが付属予定となっている。
商品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/32スケール
価格 ¥4,620-
2010年11月20日頃発売予定

 

■1/200 ANA ボーイング 737-200(2機セット)

1967年から5000機以上が製造され、現在でも改良型が就航しているベストセラー機“ボーイング 737系”の第一世代機“737-200”。ANAで就航した機体は、上部に機体尾部まで続くブルーのラインが入ることから「モヒカンジェット」の愛称で親しまれた。キットは2009年12月に復活したカラーリング「B767-300モヒカンジェット」を記念して、B737-200のモヒカン&トリトンブルー塗装機をセットで発売。ANAファンなら欠かせないコレクションアイテムとなりそうだ。
商品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/200スケール
価格 ¥2,520-
2010年11月13日頃発売予定

詳しくはハセガワHPへ


Comments are closed.