線香亭無暗のやたら模型制作室
はい、皆様こんにちは。
先週から始まったコトブキヤ「ライガーゼロ」の作例。これがまたモデラーの友人達から妙に反応が多くて、嬉しいやら困るやら。具体的に「ここをこうしろ」とか「ここはこう直せ」とか、面倒な注文が寄せられています。全くもう、君らモデラーなんだから、自分で買って自分で作りたまえ!! と、一応言っときます。読者には優しいが同業者の友人には厳しい線香亭です。

さて、そんなことをいってないで、早速作例に取り掛かりましょう。
前回は仮組みまでが済んだ状態。今回はお決まりのパーツ処理です。

まずは一度組上げた模型をばらしていきます。

さらに細かく。そして各パーツの面処理。

こんなパーツはもちろん、

顔の横のフィンはシャープに削り出します。写真左が処理後。結構効果が大きいのでオススメの工作です。

こんな所にもフィンが。薄く削り出します。


背部スラスターの中身は、この段階で接着・成型してしまいます。先に塗っとかなきゃいけないので。

面倒なのが、この関節パーツの処理。むーん、いくらやっても終わらない。


そんな作業をしながら後ハメ加工などもやっておきましょう。脚部フレームに付くパーツなんですが、接着・成型後、写真右の右のパーツのように、ダボを切り取っておくと塗装後に取り付けることができます。取り付けるときは接着してしまいます。

こんな感じにね。


で、足先のパーツを見ていて“あれっ?”と思いました。
たしか模型ホビーショーで見たときは違う雰囲気だったんじゃないのかな??


はい、ホビーショーでのテストショットの写真。四角い枠内に注目です。爪が閉じてます。

そして、今回制作中のT2(TEST 2)の写真。爪が開いています。この変化で、確かに“踏ん張った感”が増しています。コトブキヤさんのたゆまぬ努力ですな。で、パーツを見ていて思いついちゃった。

一体で成型された爪先のパーツを、こうやってエッチングソーで切り離していけば、

ほら、簡単に爪先を可動させることができます。ごく簡単な改造なので、これもオススメです。


続いて足回り。最初に手をつけたのは後部のフィン状のパーツ。

接着してからシャープに成型します。個人的に非常にゾイドっぽい形状の部分だと思うので丁寧に加工します。

続いて、脚の各部に見られるパイプのディテール。うーむ、このまま塗装だけすれば十分にいけるんですが、何か手を付けたくなっちゃった。

その気になっちゃったものはしょうがないので、エッチングソーやモーターツール用の円形ノコを使ってディテールを切り落としていきます。

こういった作業にモーターツールを使うときは十分慎重に作業をしてくださいね。なれないと必ず他の部分に傷をつけてしまいますから。

で、パーツを切り取った後(写真左)と、パイプを入れる基部の穴を空けたところ。接着・成型後に要らない部分を切り離し、ヤスリで成型。その後1.5mm程度のドリルで穴を開け、モーターツールを使って広げていきました。
よく見たら4本の脚パーツのいたるところにパイプのモールド。でも始めたからには途中でやめられません。オレはやるぜ!! あっちこっちのパイプディテールをバリバリと切り飛ばし、穴あけ加工。まあなんとなく形になったところで新しいパイプをあてがってみました。

はい、こんな感じ。新しいパイプに使っているのはHiQpartsのパワーパイプ5mmとメッシュチューブの3.5mm。仮組み用に作ったパーツなので、このままでいくか、違うパーツを使うかは思案中です。



ついでに首部分のパーツにもパイプを追加。パーツについているパイプディテールは頭部と干渉しないように短めになっているので、細めのメッシュチューブに差換えます。これで見栄えがぐっと良くなるはず。

この辺りまで来たら、塗装準備に入ります。塗れる所は先に塗っておいて楽しようという魂胆です。このキット、各部のシリンダー状のパーツが別になっているので、大変塗装がしやすそう。嬉しい配慮ですね。

さてさて、それでは今週はこの辺で――なんですが、完成形がひとつもないと、ちょっとさびしい感じがするので、この間の模型ホビーショーで撮ったボツ写真を載せておきましょう。

それでは、あらためまして今回はこの辺で。次回も乞御期待!!

(c) TOMY   (c) ShoPro ZOIDS is a trademark of TOMY Company,Ltd. and used under license.

コトブキヤ ライガーゼロHPはこちら
<前の記事へ ◆ 後の記事へ>


Comments are closed.