線香亭無暗のやたら模型制作室
 はい皆様、2週間のご無沙汰でした。
 そう、2週間ぶりなんですよ、更新するの。楽しみにお待ちいただいていた方には大変申し訳ありませんでした。何せもう、先日の静岡ホビーショー関連のお仕事でにっちもさっちも行かない状態でして、先週の更新日直前にも関わらずタチコマちゃんの作業は前回から殆んど進んでいない状態。こりゃあイカンということで、先週1回お休みをいただいたという次第。おかげ様で残ったレギュラー・ワークもひとごこち付き、体力もようやく回復してきたぞ、ということで、気持ちも新たにしっかり模型を作りましょう!

 さて、今回はコトブキヤ「1/35 タチコマWith草薙素子&バトー」その5回目。5回というと結構長めの部類に入っちゃいますが、なんせ3機作ろうという企画ですからね。少々長くなるのは致し方なし。

 で、前回は2機目の黄色コマ(そんな呼び方でいいのか?!?)のボディ部分の塗り分けを終えた状態でした。
d_022
 では、今回はこの続きから。

 と思ったらですねぇ、突然、攻殻機動隊マニアの知り合いから、前回改造したグレネードランチャーのダミー化について連絡をいただきまして。
 「オマエ、あれ砲口を塞いでるだけじゃなくて、ちょっと短いんだぜ」
 なんて言われました。そう言われて劇中に登場するタチコマをよく見てみると……、ううむよくわからん(笑)。ワカランけれどもそう言われると直しとかなきゃいけないような気がする。
e_001e_002
 ということで砲口とサイドのカンヌキの穴を塞いだ状態から、一旦中央で切り離し、砲身を切り詰めることにしました。
e_003
 はい、こんな感じ。気持ち短めって雰囲気で止めときました。これでいいかいM君(笑)。

 ではあらためて、今回の作業。
 まずは搭乗ポッドの内装から。
e_004
 キットのままだとこんな感じです。でもね、ちょっと考え付いちゃったんですよ。この黄色のタチコマは工事現場に払い下げられて使用されていたもの。搭乗ポッドも付いたままの所を見ると、状況によってはポッド内に人を乗せることもあるんだろうなぁ、と。そうなると気になるのは公安9課で使用されていたままのインターフェイスじゃまずいんじゃないの? なんて。
e_005e_006
 思いついたら何かやらずにはいられないのがモデラー魂。「一部のインターフェイスは取り外されてカバーが付けられている」という状態に小改造してみました。といっても細切れの0.3mmプラバンを貼り付けただけなんですけどね。これでも結構雰囲気が変わります。本当はね、ソフト的に対応すればいいだけなんじゃないかとも思うんで、キットのままでもいいんですが、それだとあんまり模型的じゃないんで、こんなふうにしてみました。
e_007
 小改造が済んだら、もうズンズン塗っちゃう。
e_008
 ハイ、内装の塗装出来上がり。メインカラーはややウォーム系のグレーに、インターフェイス部分の塗り分けもちょっと派手目にしてみました。

 さて、お次は機体のグレー部分の塗装。これは残る1機の分も一緒に塗っちゃいます。
e_009
 結構な量のパーツ。まあ2機分ですからね。しょうがない(笑)。
e_011
 使った塗料はこんなグレー。最初に完成したブルーのタチコマに使ったものよりも若干暗めに調色しました。これで全部のパーツを塗っちゃいます。
c_032
 そしてまたしても登場するのが雲母堂本舗のビスマスパール。これをグレーの上に吹き重ねて異なった色を再現する手法はブルーのタチコマの時と同じです。

 あ、ここでちょっと寄せられたご質問にお答えしておきます。
 メールでご質問いただいたんですが「サフや数色の塗料を塗り重ねるとパーツ同士の勘合がきつくなって組み立てにくくなりませんか?」ってことなんですけれども、こういったスナップフィットのキットの場合、あらかじめ塗装の皮膜分をヤスリ等で削ってから塗装しています。
e_010
 こんな感じ。削る厚みに関しては接合部の形を整える程度。具体的にコンマ何ミリっていうのはちょっとわかんないです(笑)。経験的に「これくらいやれば大丈夫だろう」ってところで処理してます。で、まあ、削りすぎて緩くなっちゃったら接着、きつくて入らなかったら塗料を削り落とす、ってな感じです。あんまり参考にならなくてスイマセン(笑)。

 閑話休題。

e_012
 グレーに塗り上がったパーツにクリアーとビスマスパールを半々に混ぜたものを吹き重ねていきます。このパールの塗膜が厚くなればなるほど白(というかシルバー)に近くなっていきます。そのあたりは今回の3回目の作例記事にも書いてありますんで、そちらもご参考に。
e_013
 部分にあわせて仕上がりに変化をつけるだけでなく、今回はブルー以外の2機それぞれに個性を出すことにしました。写真のそれぞれのパーツ、右側の方が強いシルバーになっているのがわかっていただけますでしょうか? これから仕上げる予定のシルバーのタチコマは「塗装を剥がされた状態」として仕上げようと思っているので、こんな仕上げにしてみました。

 さて、ここからが黄色タチコマ制作の山場。デカールの制作に入ります。
e_014
 これは前回紹介したPCで制作したデカール用のデータを普通紙にプリントしたもの。
e_015
 この普通紙にプリントしたデータを貼ってみて、大きさのバランスを確かめます。データ制作の際にサイズは測っているんですが、そこは立体と平面。貼ってみると微妙にサイズが合わないなんてことがあります。この状態で確かめておけば仮に違っていてもダメージが少ないですからね。切り抜いた紙の貼り付けには貼り剥がしができるピットマルチ・2を使っています。
e_016
 うむ、今回は一発で決まりました。ではいよいよデカール制作。
e_017
 使用するのはガイアノーツの「おうちdeデカール」。一般的なインクジェットプリンターで転写可能なオリジナルデカールが製作できるというもの。写真は白地のデカールを制作するタイプ。この他に透明のベースにプリントできるものもあります。
e_018
 手順はパッケージの中に詳しく解説してありますから初心者の方でも安心。
e_019
 中身のほうは葉書サイズの印刷用ベースシートが2枚と接着剤シートが2枚。つまり葉書サイズで2枚のデカールが作れるということになります。では早速制作!
e_020
 まずはベースシートに、デカールにしたいデータを反転して印刷します。
e_021
 その上に裏紙を剥がした接着剤シートを貼り付けます。写真左の白い紙の上側がちょっと透けているのがわかるかな? そこが裏紙を剥がした部分。これは白ベースのデカールの製作用ですから裏紙を剥がしても白いんですね。透明ベースのものだと裏紙を剥がすと透明のシートになります。
e_022
 接着剤シートをしっかり貼り付けたら貼り付ける部分を切り取ります。説明書には「プリントされた部分から1~2mmの余白を取って切取る」ように書いてありますが、これはインクジェットプリンターのインクが水溶性のため。実際にはあまり余白を残したくないのでギリギリで切取りました。
e_023
 切取った部分の保護シートを剥がします。よーく写真を見るとわかる透明なシートが保護シートです。
e_024
 これを貼り付けたい部分にペタリと貼り付け。通常の水転写デカールと違って、貼り付けた後に位置を調整することができないので、このステップでの位置決めが重要です。
e_025
 位置が決まったら紙を水で濡らします。これで台紙に張り付いていた糊が溶けてパーツのほうに印刷部分が残るわけですね。
e_026
 台紙をゆっくり剥がせばこのとおりデカール貼り付け完了。サイズが大きいとちょっとシワになっちゃうんですが、それでも手書きよりはずっとそれっぽい仕上がりになります。この後、綿棒などで軽く押さえてやると、若干ならシワも取れます。
e_027
 続いて登場するのは同じく「おうちdeデカール」のクリアータイプ。
e_028
 ここに印刷するのは本体上部のセンサーの間に貼る「MATSUKEI」のマーク。ちょっと逆さになっちゃってますが、細かいことは気にしないように(笑)。
e_029
 で、ちょっとした挑戦が1/35用の瞳デカール。さすがに1/35にフィギュアにアニメの目を書く自信がなかったんで、こんなものを作ってみました。果たしてうまくいくかどうかは次回のお楽しみ。
e_030
 さて、こんな按配でオリジナルデカール貼りも終了。高細密のシルクデカールのようには行かないまでも、それなりにちゃんと仕上がってます。
e_031
 こんな曲面にもちゃんと貼れました。
e_032e_033
 白ベースのほうはちょっと透けちゃうのが玉に瑕。下地が単色だとそれほど目立たないんですけどね。色が違うとバレちゃう。本当だと熱転写式のプリンターがあればいいんですけどね。どこかのメーカーさんで出してくれないかなぁ。なんていっててもしょうがない。まあ、良しとしよう!

e_034
 デカールがすっかり乾いたら、全体を一気にクリアーコート。使ったのはいつものガイアノーツ Ex-クリアー。ちょっと厚めに吹いたので、じっくり半日以上乾燥時間をとりました。
e_035
 クリアーが乾燥したら後はもう組上げるだけ。じゃなかった、組み立てでチョイと小細工をしたんだった。
e_036
 はい、これが小細工。左の組立途中のキットパーツとその右側の板錘のカタマリ。これは後部に搭乗ポッドが付くため、どうしてもお尻が重くなりがちなバランスを整えるための仕掛け。
e_037
 こんなふうにコアユニットの中央部に錘を入れることで後に“コテッ”と行くのを防ぎます。
e_038
 上部ドームを付けたところ。どんなふうに入っているかご確認いただけると思います。これでもキットパーツの取り付けには全く問題もありません。全体の重量感も増して、なかなかオススメの小改造です。

 というわけで、黄色いタチコマ、一応の完成!
e_039e_040
 細部の仕上げはブルーのタチコマと同様の作業をしています。両側のマニュピレーターはまとめて作ろうと思うのでまだ出来てませんが、こうしてみるとやっぱりカワイイ!
e_041
 搭乗ポッド内部もしっかり作ってあります。ブルーバージョンとは全くイメージが異なりますね。
e_042
 先に完成していたブルーと共演。やっぱり盛り上がるなぁ!!
e_043
 タチコマたちも盛り上がっている様子。とりあえずヨカッタヨカッタ。
e_044
 残るは1機。問題のシルバーのタチコマが残っています。このシルバーバージョン、背負物がこの2機と異なるので、その部分はフルスクラッチということになりそう。でもまぁ、2機のタチコマちゃんたちも手伝ってくれそうなので何とかなるだろう(そんなわけはない)。

 てなところで、今回はここまで。次回はシルバー・タチコマや付属のフィギュアなどを作ってめでたく完成! と行きたいと思います。
 それでは次回も、乞御期待!!

(C)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊製作委員会

詳しくはコトブキヤホームページへ
<前の記事へ ◆ 後の記事へ>


Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.