◆ワンダーフェスティバル2013[夏]レポート 今回のオフショット


wf2013s_080与:師匠、今回のオフショットはガルパン関連からです。
無:まだまだ盛り上がってたね。今回は「真夏の戦車模型大会」と題して、GSIクレオス、プラッツ、ファインモールド、ウェーブ、インターアライド、 ピットロード計6社の共同出展という形だったんだけど、もう大人気だった。
与:トークショーなんかもありましたね。
無:トークショー自体は他の取材で見られなかったんだけど非常に盛り上がったと聞いたよ。
与:まだまだ楽しみですね。ガルパン関連は。
wf2013s_081wf2013s_082

●プラモデルを1/1で作る会

wf2013s_083wf2013s_084
与:ガルパンブースのすぐ隣には「プラモデルを1/1で作る会」の車輌が展示されていましたね。
無:うん、やっぱり原寸大っていうのは迫力あるよね。見てて楽しいんだよね。ひときわ注目を集めていた。
与:会場では昔の戦車模型なんかも展示されてましたね。
無:うん、ちょっと見覚えがあるヤツもあったりして、いったいオレはいくつなんだ? 的な思いもあったりして(笑)。
与:さすが年寄り(笑)。

●小豆島 迷路のまち 妖怪プロジェクト

wf2013s_086wf2013s_087wf2013s_088wf2013s_089wf2013s_090wf2013s_091wf2013s_092
無:続いては個人的に注目しちゃった「小豆島 迷路のまち 妖怪プロジェクト」。これは香川県小豆郡のアートプロジェクト「妖怪造型大賞」に応募された作品を展示したものなんだけど、面白いよねぇ。
与:怖いッス。こういうの苦手です(笑)。
無:まあ、好き嫌いは別として、非常に高いレベルの造形力が伺える。会場で見てると「なんかいるよなぁ、こういうヤツ」って気がしてくる。よく考えるとそれも立体物の力かもしれないなぁ。
与:むうん、それはよくわかります。でも怖いんで先に行きましょう。夢に出てきそうだから。
無:それが立体物の持つ説得力なのだよ(笑)。

 

●今回のオフショットランダム編

wf2013s_093与:さあ師匠、ここからは本当のオフショットですよ。
無:オフショットにホントもウソもあるのかい(笑)。
与:まあ、言葉のアヤですよ。今回のWFなんですが、師匠はどんな印象を持ちましたか?
無:うう~ん、一言で言うのは難しいんだけど、相対的に見ると個人ブースよりも企業ブースのほうが元気があったかなぁ?
与:そういえばグッドスマイルカンパニー&マックスファクトリーさんのブースは大分大仕掛けでしたねぇ。
無:巨人は覗いてるは、チェインバーの頭はあるは、カウンタックはあるは、もう盛り沢山だったね。
wf2013s_095wf2013s_097wf2013s_096
与:カウンタックは運転席に乗って記念撮影ができたんですよね。
無:個人的にはチェインバーの頭に乗ってみたかった(笑)。
与:またそういうワガママを(笑)。他に気になったものはありましたか?
無:やっぱりかっぱ館の展示かな?
wf2013s_094
与:あ、意外ですね。
無:いや、これ搬入と搬出が大変だろうなぁ、と思って。だってまるたんぼう削り出してんだよ、これ(笑)。
与:そこに注目ですか(笑)。
wf2013s_098
無:後はコトブキヤさんのブースで人気だった「ワタシハオカネデウゴク」ヤツ。結構人気でさ。フォトジェニックな感じになってた。しかもでかいんだこれが(笑)。あんなでかいダンボールはめったに見ないよ。
与:確かにでかかったですねぇ(笑)。
無:それからね、凄く気になったのはG社Yさんの服装。もう“ここは海かっ!”ってツッコミたい衝動でいっぱい(笑)。これで自社イベントやっちゃうんだからすごいでしょ。
wf2013s_099
与:まあ、服装は自由ですから(笑)。じゃあ師匠そろそろまとめってことで一言。
無:なんだよ急だな(笑)。まあ、今回も完全に自由に紹介させていただいたんだけど、どうだったかな? 取材させていただいたディーラーの皆さんありがとうございました。またよろしくお願いしますね。ってことでどうでしょう。
与:それでは最後にカワイコちゃんでお別れです。
無:お、今回は3人だ!
与:そんなトコばっかり拾うんだから、もう。
wf2013s_100

 

wf2013s_001今回は「技の泉出張版」といった形式でお届けしたMPJのWF2013sレポートいかがだったでしょうか? 取材させていただいた皆様ありがとうございました。読者の皆様は次回のレポートをお楽しみに!

(C)オケアノス/「翠星のガルガンティア」製作委員会  (C)GiRLS und PANZER Projekt  (C)KIYOHIKO AZUMA/YOTUBA STUDIO (C)諫山創/講談社


Comments are closed.