◆ワンダーフェスティバル2013[夏]レポート 個人ブース編 1


編集部与太郎(以下 与):師匠、続いては個人ブース編ということですが。
線香亭無暗(以下 無):はいはい。ではまず最初はこちら。

●RAMPAGE Ghost

wf2013s_021wf2013s_022wf2013s_023wf2013s_024wf2013s_025
無:このブースで紹介したいのは原型師として活躍されている柳生圭太さんの作品。前回のレポートでは紹介できなかったのであらためてご紹介しようかと。
与:バイファムはやっぱりかっこいいですね。
無:そうだね。これ、バンダイの1/100キットをベースにするトランスキットなんだけど、やっぱりいいよね。ネオファムなんかがラインナップされてるのもいい。スリングバーニアとかツインムーバーとかね。それからバンダイの1/20のスコープドッグを使用するのマーシードッグへの改造パーツとか。なんたって1/35のあんこうさんチームの3人がステキ! これ欲しかったなぁ。
与:買えばよかったじゃないですか。
無:一応仕事中だし。それにそんな按配で買ってたら帰るまでに大荷物になっちゃって取材どころじゃないだろ(笑)。
与:そりゃそうですね(笑)。

●電脳造型研究所

wf2013s_019
無:続いてはこちら。
与:えーまたボトムズですか?
無:悪いか? こちらは1/35でボトムズのATをリリースするディラーさん。あらためて見ると、この1/35っていうスケールでも魅力が多いんだよ。1/20や1/24とはまた違った。そういう意味ではこちらの作品はものすごく上手にバランス調整してある。造型センスが良いんだね。
与:ううむ、なるほど。
無:いまのところボトムズ関連の1/35キットは非常に品薄だからこういった個人ディーラーさんに頼るしかないけど、できればどこかのメーカーさんがインジェクションで出してくれるともっと盛り上がると思うんだけど。
与:ううむ……。期待して待ちましょう。

●高瀬発煙機

wf2013s_027wf2013s_028wf2013s_029
与:次はどちらですか?
無:高瀬発煙機さん。1輪バイクの造型が面白いでしょ。
与:そうですね。見本も雰囲気ありますね。
無:それから面白いと思ったのは「戦車の足」。これ、市販の戦車のキットに取り付けると多足歩行戦車になるというアイディア作品。こういうのがあるからWFは面白いんだよね。
与:そうですね。ちょっと考え付かないですもんね。
無:なんだか楽しい発想だよね。個人ディーラーならではのアイディアだよね。

●ちょいす

wf2013s_031wf2013s_032wf2013s_033wf2013s_034wf2013s_035
無:続いてはちょいすさん。バンダイの1/20スコープドッグと1/48レイズナーのキットを使ったトランスキットが販売されていた。
与:結構アイテム数がありますね。
無:スコープドッグ用にはバーグラリードッグ2種とターボカスタム、レイズナーではレイズナーベースでブルグレンに改造するパーツだね。このバーグラリードッグなんかは『バンダイキットで出して欲しかった!』って感じのアイテムなんでうれしいよね。
与:痒い所に手が届く、って感じですか?
無:ちょっと違う感じがするけど、まあ、言わんとするところはわかる(笑)。

●くまくま工房

wf2013s_042wf2013s_043
与:次は師匠にしては珍しくフィギュア系ですね。
無:そうだね。もう、「まりんとメラン」のメラン・ブルーに完全にやられちゃった(笑)。名作アニメなんだよ。知名度は低いけど。
与:師匠にもあったんだ、そんな“キャラ愛”(笑)。ボクは立花・宗茂の方を拾っちゃいましたけど。
無:ゴメン。それあんまりわかんないんだよな……。
与:知らないんですか? 「境界線上のホライゾン」これだから歳よりは(ブツブツ)……。
無:それはそうとしてまりメラは3銃士が見たい! 揃った所が見たいよねぇ。
与:ボクはそっちがよくわかりません。

●マルマン商会

wf2013s_039wf2013s_040
無:じゃあちっと変わったもの紹介ということで、続いてはマルマン商会さん。
与:巨大な宇宙人のバルーンドールが目を引いてましたね。
無:ここはUMA関連のグッズを販売していたブースだね。
与:師匠ってこういうの好きなんでしたっけ?
無:なんか好き、っていうかキミこっそりツチノコ買ってたろ! ちゃんと見てたんだぞ!!
与:あ、バレました?

●アーカム工房

wf2013s_037wf2013s_038
無:じゃあUMAつながりでもうひとブース。
与:こちらはUMA関連のTシャツの販売がメインでしたね。
無:ネッシーとか捕まった宇宙人とかキャトルミューティレーションとか、かなりグラフィカルでオシャレなデザインが目を引いた。こういうのも楽しいよね。ホントはちょっと欲しかったんだよなぁ。
与:(あ、後で買ったっていうのは内緒にしておこう……)

ワンダーフェスティバル2013[夏]レポート 個人ブース編 2へ>

(C)GiRLS und PANZER Projekt  (C)川上稔/アスキー・メディアワークス/境界線上のホライゾン制作委員会  (C)SUNRIZE


Comments are closed.