今からちょうど30年前の1983年4月1日よりTVアニメシリーズが放映開始、その後も幾多の映像作品がリリースされ、現在でも多くのファンを魅了し続けている名作「装甲騎兵ボトムズ」。TVシリーズ30周年の節目を迎え、これまで様々なボトムズ関連製品をリリースしてきた株式会社ウェーブの配信コンテンツ「ウェーブ・モデラーズミーティング」が特別企画としてコトブキヤベース・アキバに登場! 『ウェーブ・モデラーズミーティング in コトブキヤベース・アキバ』と題してイベントを行う。
 開催期間は2013年4月2日(火)~4月7日(日)で、会場ではこれまで同社がリリースしてきたボトムズ関連の立体物の展示やイベント限定アイテムの販売、豪華ゲストを迎えてのトークイベントなども開催が予定されている。
 このところインジェクションキットのニューリリースがないため、模型業界的には目立ちにくかったボトムズ関連アイテムだが、その間もずっとコンスタントにレジンキットをリリースしてきたウェーブ主催のイベントだけに、製品展示だけでもかなりの見応えがあるといえる。
 会場ではイベント限定アイテムとして「スコープドッグアップデートパーツセット」を販売。同社のプラスチックモデル「1/24スコープドッグ」に使用してアップデートできるキットで、「ヘヴィマシンガン・アップデートパーツセット」「アップデート・ボディパーツセット」「アップデート・ハンドパーツセット」「ショルダーミサイルガンポッド」の4種が発売される。
 また、4月7日のイベント最終日PM60:30~PM7:30には「装甲騎兵ボトムズ」を始め、数々の名作を送り出す高橋良輔監督、タカラ製1/24スコープドッグを開発された泉 博道氏、サンライズ企画室室長 井上幸一氏、同じくサンライズの塚田廷式プロデューサーという超豪華ゲストを迎えてのトークショーが予定されている。このようなメンバーが一同に会すること自体、非常に貴重な機会といえ、「装甲騎兵ボトムズ」という作品を軸にどんなことが語られるのか楽しみだ。このトークイベントに関して注意したいのは会場での参加方法で、整理券が必要となるということ。整理券の入手は先に紹介したイベント限定品(1点以上)を購入し、会場内に設けられた特設レジにてイベント参加ご希望の旨を申し出る必要がある。先着50名とのことなので参加希望の方はご注意願いたい。また、トークイベントの様子はUSTREAMにて配信を予定しており、参加できない方はこちらでチェックするといいだろう。
 誕生30周年を迎えても今だ色褪せぬ魅力を放ち続ける「装甲騎兵ボトムズ」の世界をたっぷりと堪能できるイベントとなりそうだ。

◆ウェーブモデラーズミーティングinコトブキヤ・ベース

開催期間:2013年4月2日(火)〜4月7日(日)
開催場所:コトブキヤベース・アキバ(コトブキヤ秋葉原館5階)
       〒101-0021 東京都千代田区外神田1-8-8-5F
入場:無料
協賛:株式会社コトブキヤ
    月刊 電撃ホビーマガジン
    月刊 ホビージャパン


■会場限定販売アイテム

0201
■1/24 ヘヴィマシンガン・アップデートパーツセット
価格:¥2,415(税込)
設計・原型製作:毛利重夫
数量:200個
・1/24スケール未塗装組立モデル
・レジンキャスト製組立キット
(ウェーブ1/24 スコープドッグ用改造キット)

■1/24 スコープドッグ用 アップデート・ボディパーツセット
0301
価格:¥7,350(税込)
設計・原型製作:毛利重夫、協力:柳生圭太
数量:200個
・1/24スケール未塗装組立モデル
・レジンキャスト製組立キット
(ウェーブ1/24 スコープドッグ用改造キット)

■1/24 スコープドッグ用 アップデート・ハンドパーツセット
0401
価格:¥2,415(税込)
設計・原型製作:毛利重夫
数量:200個
・1/24スケール未塗装組立モデル
・レジンキャスト製組立キット
(ウェーブ1/24 スコープドッグ用改造キット)

■1/24 ショルダーミサイルガンポッド
0506
価格:¥3,990(税込)
設計・原型製作:毛利重夫
数量:200個
・1/24スケール未塗装組立モデル
・レジンキャスト製組立キット
(ウェーブ1/24 スコープドッグ用改造キット)

◆トークイベント

日時:2013年4月7日(日)PM6:30〜PM7:30
MC:永見浩士(ウェーブ開発部)
ゲスト:高橋良輔氏
    泉 博道氏
    井上幸一氏
    塚田廷式氏
ストリーム配信:USTREAM 配信ページへ
※入場には整理券が必要。整理券は事前に会場限定アイテムを1点以上購入の上、会場内特設レジにて閲覧希望の旨を申し出て入手する。先着50名。

詳しくは『ウェーブモデラーズミーティングinコトブキヤ・ベース』特設ページへ


Comments are closed.