線香亭無暗のやたら模型制作室
 はい皆様、1週間のご無沙汰でした。
 前回の記事で「100均で買ったレインボーライトの点滅の仕組みを教えてっ!」って書いたら、来ましたよ。いろんな知り合いから実に個性的な回答が。案の定「外宇宙からのテクノロジー」とか「NASAの陰謀」とかね、なかには「基板の裏側に小人さんが入っている」っていうのもあって、オマエどんだけファンタジーなんだよって話ですよ(笑)。小人さんが入ってるのはオマエの頭の中だろうってカンジ(笑)。というか、お前ら全員オレよりも電気に弱いじゃないか! あのね、ここ、大喜利のコーナーじゃないんだからね。面白い答えでも座布団はないよ。ということで、このレインボー発光の仕組みを解説してくださる方、まだまだ募集中。あ、面白い答えはもう要りませんからね。念のため。

 それでは気を取り直して、今回はバンダイ 1/1000「ガミラス艦セット1」その3回目。張り切ってまいりましょう!!

 さて、前回はデストリア級の方の電飾の、電池を収める場所を作ったり、配線したり、といった所で終わってました。
a_014b_041
 今回はデストリア級の残りの電飾加工を続けましょう。前回までで本体の方の配線は大体済んでいるので、今回はLEDをどこに仕込むかというお話から。

 普通にLED1灯でロボットの目玉なんかを光らせるならそれほど考えなくてもいいんですが、今回のガミラス艦2隻は目玉部分が大きい上に、黄色→赤のグラデーションと緑1色の変化を3個のLEDを使って再現しようという試み。そこで重要になるのがLEDの設置場所です。
c_001
 これは艦首のトサカも兼ねた、目玉パーツの基部。目玉の先端を赤く光らせるには、この前のほうに赤いLEDを付けるしかなさそうです。
c_003
 そこでこんなふうに3mmLEDがちょうど収まるくらいの穴を空けました。
c_004
 でもって、ここに赤色の3mmLEDを納めれば先端だけを赤く光らせることができそう。写真のLEDは今回の基板に使用したレインボーライトにくっ付いていたのを外したもの。LEDは照射角が決まっているので、取り付ける方向を工夫することで光らせ方を調整することができます。
c_002
 外側の部分は中身の配線とLEDの光を遮らないように取り付けダボをひとつ削っておきました。このパーツは後で接着するつもりなので、強度的に問題はありません。
a_022b
 ちみにこれが未加工の状態の頭の裏側。どのダボを削り取ったか、おわかりいいただけると思います。
c_005
 で、一通りの加工が済んだら内側をシルバーで塗装しておきます。これは限られた光源で少しでも光量を稼ごうという工夫。
c_006
 このシルバーが乾くまでにやっておいたのが羽部分の裏側のパテ埋め。
c_007
 隙間が大きめだったのでポリパテを使って埋めました。成形が終わったら埋まっちゃったディデールもしっかり彫りなおしておきます。
c_008
 モノのついでにやっておいたのが艦橋部分のパテ埋めと成形。写真は作業途中のもの。細かい上に薄いパーツも多いので、意外と手間がかかりました。

 さて、電飾関係に戻りましょう。
c_009
 今回の電飾、LEDの点灯制御は100均で買ったレインボーライトの基板をそのまま使います。レインボーライトについては前回記事をご覧くださいね。で、この基板についているLEDなんかを半田で全部外して、リード線を付けたのが写真の状態。LED用には1個に付き2本、計6本の配線が出ることになります。今回は手元にこれしかなかったんで、紅白2色のリード線を使ってますが、皆様にはぜひ色違いのリード線を使うことをオススメしたい。なぜかというと、配線の時に非常に混乱しやすいから。実は配線時に2回ほど間違えて繋いじゃったんで(笑)。
c_010
 スイッチは配線を終えてからこの部分に固定します。スイッチを外部に出さないために、甲板前部の弾性を利用してタクトスイッチを動作させる仕組みです。固定はエポキシ系かシリコン系の接着剤が丈夫でよろしいかと。
c_011
 で、今回重要なのがこのパーツ。赤、緑、黄の3mm高輝度LED。今回使う基板はLEDの消費電力が極端に違うと上手く発光しない仕組みなのは判明済みなので、ネットで調べて消費電力のなるべく近いものを購入しました。ちなみに電子部品屋さんで買うとこれで大体800~1000円前後。一袋10個入りですから、模型用として売られているものより大分低コストで手に入れる事ができます。
c_012
 で、リード線の長さを調節しながら実際の配線。
c_013
 そして点灯テスト。よしよし、よく光っとる。もちろん、この作業の前に点灯テストをしてから組み込んでいるので光るのは当たり前なんですが。ちなみに3色点灯させると、どうも緑が弱いようなので、赤と黄色のLEDには51Ωの抵抗をかませてあります。これでイイ感じに3色点灯するから電気って不思議(笑)。
c_014
 2つ前の写真に写っている謎のパーツは緑と黄のLEDを取り付けるための自作パーツ。プラバンとプラ棒で自作しました。
c_015c_016
 こんなふうに裏側からLEDを差し込む仕掛けです。シルバーは塗装ではなく、アルミホイルにスプレーボンドを塗って、ホイルの裏側が表になるように貼ったもの。だって、キットパーツにシルバー塗った後にできたんだもん、という計画性のなさ(笑)。ちなみに、ホイルの裏側を使ったのは、表側を使うより光の拡散率が高いから。表を使うと反射率は高いんですが、貼りようによって変に強い反射をしたりすることがあるんです。
c_017
 パーツを取り付けた状態で光らせるとこんな感じ。フラッシュをたいて写真に撮った状態でこれくらいですから光量は十分。この状態でシルバーにLEDの光が反射しているので、塗った効果もでているということですね。
c_018
 ここまできたらいよいよ組み込み。
c_019
 これは別角度から。先端の赤いLEDは瞬着で固定、2灯が付いた板はキットパーツに瞬着で強引に止めました。
c_020
 後は反対側のパーツを取り付けて、流し込み用の接着剤で止めれば頭部は完成。なんですが、目玉の乳白色のキットパーツは組み込み前にマスキングしておいたほうがラクチンです。これちょっとしたTips。
c_021
 頭部(?)が出来上がったらスイッチを固定。今回はこの連載ではお馴染みのスーパーX2を使いました。
c_022
 艦底のパーツはそのまま電池ボックスのフタになります。間違って接着したりすると期間限定電飾になっちゃうので気をつけよう。で、船底のパーツを付けたり外したりしてたら、船尾下面のフィン状のパーツをへし折っちゃった。
c_023c_024
 そこで、1mmプラバンで同じ形のパーツを自作。色が違うのはウェーブのプラ・プレートを使っているため。これだと改造箇所がわかりやすくて大変よろしい。艦体との接続部分の形も工夫して、折れにくいように工夫しました。
c_025c_026
 前にも書いたように、スイッチはこの甲板のパーツを押すことで動作します。
c_027
 こんな感じで押すと「カチッ」とスイッチが入る仕組みになっています。じゃあ、実際にどんなふうに点灯するのかというと、


 と、こんな感じ。どれがどう点灯しているかは上の写真をクリックしていただけると、キャプションに書いてあります。
 そして8回目にスイッチを入れると
◆デストリア級点滅ムービー
 こんなふうに3色が順繰りに点滅するわけですね。劇中の点灯とはちょっと違うけど、これはこれで雰囲気あるでしょ? これで電飾は完成。

 電飾が終わったら残ったトゲ状のパーツを取り付けます。
c_035
 本体への接着面にゲートがあるんで接着に支障が無いようしっかり処理して、ピンセットを使って飛ばさないように、慎重に取り付けます。
c_036
 ハイこんな感じ。接着には流し込み用の接着剤を使用します。流し込み用の接着剤は通常のプラ用接着剤に比べて付けた時の固定力には劣るものの、乾燥時間が早いのでこの手の細かいパーツには非常に便利。
c_038
 裏側にも2箇所トゲが付くのでお忘れなく。一通り接着できたら接着剤の乾燥を待って、もう一度トゲの根元に接着剤を流し込んでおくと、より丈夫に接着できます。
てなワケでデストリア級、塗装を残して本体は完成!
c_039
 こんなところで今回はオシマイ。次回はケルカピア級の電飾から2隻の塗装をして、いよいよ完成! てな具合にいきたいと思います。どうぞお楽しみに。

 それでは今回はここまで。
 次回も、乞御期待!!

(C)2012 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会


詳しくはバンダイホビーサイトへ
<前の記事へ ◆ 後の記事へ>


One Response to “バンダイ 1/1000「ガミラス艦セット1」その3”

  • And:

    レインボーLEDはLED素子内部にICを内蔵してるタイプではないかと思います、外部電源が供給されると決められたパターンで点滅や色の変化を行うので外部からは電源の入り切りしかできないと思いますよ~ 参考例 http://www.led-paradise.com/product/295

Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.