線香亭無暗のやたら模型制作室
 はい皆様、1週間のご無沙汰でした。
 ここのところちょっとした大仕事で、作りたい模型を作る時間がほとんど取れなかったワタクシ線香亭。やっとのことで納品も終わり、「じゃあ、アレを仕上げちゃおうかな、ムフフ……」なんて考えていたのも束の間、この連載を始め、他にも作らなくっちゃならないモノがいくつかあることが判明。泣く泣くキットの箱を閉じて棚に戻し、ノルマを達成するべく作業に入りました。皆さんもきっとこうやって積みプラを増やしていくんだろうなぁ、なんて考えたりして。でも良く考えると『模型を作るのをあきらめて模型を作っている』という状況ってなんかおかしくないか? という素朴な疑問も……。まあ、積まれているキットが減っていくのは同じなんで、いいことなんですけれどもね。
 そんな愚痴ばっかり言ってないで、今回はバンダイ1/1000「宇宙戦艦ヤマト2199」その2回目。張り切ってまいりましょう!

 さて、前回はキットの紹介と共に、仮組みなどした状態で終わってました。

 今回はまず船体の組み立てから。
 この「ヤマト 2199」の船体の構成は、おおまかに艦首から船体中央部までと、波動エンジンや艦載機収納部分の収まる船体後部に分けられます。まず最初に取り掛かるのは艦首から船体中央までの部分。

 船体はグレーの上部と赤い下部にパーツ分けされています。左右のパーツの間には3枚のリブをはめ込むようになっていて、強度アップと正確な組立てをサポートしてくれます。で、このリブを組み付けるときの注意。

 このリブ、一見すると前後とも同じデザインなんで組み付け方向はどっちでもいいような気がするんですが、よくみるとほんのちょっとテーパーが付いてます(上の写真の矢印の所ね)。これ、抜きの関係によるものか、わざと付けているのかはわかりませんが、船体の絞込みに合わせて前方向にテーパーが付くように組み付けるときれいに収まります。ためしに逆方向に組みつけてみましたが、「それほど齟齬はないけれど、ほんのちょっとガタつく」感じがするので注意してください。

 続いては艦首波動砲まわり。キットパーツはスライド金型を使った一体成形で用意されています。

 はい、すんなり取り付けできます。これ、何気なく組んでますが結構すごい技術です。「平面に抜いたものと立体に抜いたものがぴったり合う」って難しいことなんですね。
 実は、前に組んだ2199は「製品化2歩手前」くらいのテストショットだったんですが、そのときには結構修正が必要でした。それがきれいに直ってる。他にもテストショットにあった「ここはやっぱりヒケるよなぁ」っていう大き目のヒケなんかもきっちり修正されています。こういうところの修正は金型技術、つまり金型を修正する“人力”に頼るしかありません。きっと時間もかかるしコストもかかる。製品からは見えにくい技術と企業努力です。バンダイさんのキットレビューで、よく「バンダイ脅威の技術力」なんて書いたりするんですが、これこそが脅威の技術なんじゃないかと思います。この技術があるからこそ、あの非常に正確なスナップフィットなんかが実現可能なんですね。
 いろんなメディアでバンダイさんの4色射出成型機やCADシステムなんかが取り挙げられたりしますが、この金型技術こそが世界に誇るバンダイ・テクノロジーの中心なんだろうなぁ――なんて、今回たまたまテストショットと製品を組ませていただくことになったので、書いておこうかな、と。あんまり書くとバンダイさんに「余計なこと書くな!!」って怒られちゃうかもしれない(笑)。

 さて、キット制作に戻ります。

 船体上部が組みあがったら下の赤い部分を組むんですが、赤いパーツの接合面にはヤスリをかけておきます。こういう広い面のヤスリがけにはウェーブの大きいサイズのヤスリスティックが非常に便利。

 写真の青で囲った部分をちょっとヤスるだけで、ずいぶん接合が良くなります。

 はい、こんな感じ。ちなみに全くヤスらないで組みつけると、

 こんなふうになります。「スキマが空いてる」っていうんじゃないけれども、ピッタリとはいってないような気がする。こういうところはインジェクションキットの宿命ですから、しっかり加工しておきたいところ。

 で、組みあがったら流し込み用の接着剤を使って各部を接着。全体をヤスって面をならしておきます。これも「面積の広いパーツの加工」の定番。いくら脅威の技術力でもインジェクションの宿命には逆らえませんからね。成形品の状態ではほとんどわからない位のヒケなんかはあります。その修正もかねて全体の面を整えるという作業。ついでに船体下部との段差も解消しておきます。

 さて、こんな按配で船体の前部を組んだら、次は船体後部なんですが、ここでやおら塗装に入っちゃいます。

 今回の作例では、船体をなるべくきっちり隙間のないように組上げるため接着、成型していこうという計画なんですが、船体全体を接着してしまうと中身が塗りにくい。せっかく「完成後も船体後部の内部構造がみられる」というギミックですから、先に中身を塗っておいて、しっかり仕上げようと思います。シルバーで塗ってあるのはこの上から色を重ねて各部の質感の違いを再現するため。

 まずは波動エンジンから。先に塗ったシルバーが乾いたら、エアブラシでクリアーオレンジを重ねて銅色っぽい波動エンジンの色を再現します。まずは濃くしたいところを中心に塗装。

 ある程度色が乗ったら全体にクリアーオレンジを吹きます。これで波動エンジンの塗装完了。あ、ちなみに塗料はいつものガイアノーツ。Ex-シルバークリアーオレンジを使用しています。

 この他、艦載機収納部の壁面も同じような色。手前のシャフト2本は艦載機搭載機構のシリンダーの中心部。ここは波動エンジンの出力を船体前部に伝える流路となっています。まあ、つまり、今回のヤマト2199では「銅色は波動エンジンがらみ」という設定なんですね。

 その他の部分はニュートラルグレーⅢをベースにEx-クリアーを足したものを厚めに吹きつけ。こうすると「メタリックなんだかどうなんだか」という面白い質感に仕上がります。

 さて、こうして船体内部の塗装が済みました。じゃあ組み立て、ってところでちょっと考えた。

 これまで作ってきた4隻の2199バージョンヤマトは、どれもギミック無しのストレートで組上げました。でも、5隻目ともなるとちょっと変わったことがしたい。じゃあ、やるか! エンジン発光ギミック!!

 ということでエンジンの底部に穴を空け、チップタイプのLEDを取り付けました。

 配線は船体パーツのお尻に穴を空けて引き込みます。

 船体内部はこんなふうに取り回し。機関室や格納庫にはいろんなパーツが付くのでいい目隠しになってくれます。

 船体前部への引き出しはキットにある小さな隙間を使って。ここまで空けた穴はエンジン底部と船体後部の2ヵ所だけ。む、これは完全に「あなたエンジン発光させなさいよ」という罠ですなぁ(笑)。
 まあ、本音をいうと、実はまだ迷ってるんですよ。電源スペースやスイッチなど、全くノープラン。でも船体を組むに当たって、「発光させるとしたら今のうちにやっておかなければならない作業」なんで、とりあえず罠にはまってみました。まあ、何とかなるだろう!

 さて、お次は船体前、後部の組み付け。

 これは前回の素組み状態の写真ですが、完成後も船体内部を見せるというギミックのため、部分的に船体の片側しか止まっていない構造です。そのため、どうしても隙間が空きがちになっちゃう。そこで、しっかりすり合わせした後に接着できるところは接着して、なるべく隙間を無くしましょう。

 まずは船体右弦の接合部。写真の青で囲った部分を削って調整します。特に重要なのはクレーの部分。ちょっと削っては組み付け、というのを繰り返して、ちょうどいい具合に調整します。

 船体底部は青で囲った所を接着。この部分は船体の隙間を開けないためにポイントとなる部分なので、しっかりと接着。すり合わせは必要ありませんが、接合面を整えておくくらいはやっておくときれいに納まります。

 船体左弦はここがすり合わせポイント。特に取り外し式のグレーのパーツの接合面がちょっと長い感じがしますので、そのあたりを重点的に。同じく取り外し式の赤いパーツは、どうしても隙間が空くみたいなんで、後で修正したいと思います。

 で、ちょっとした小技。この船体後部左弦の取り外し式のパーツですが、つけたり外したりする時に後ろの部分が引っかかりやすい。そこで、写真のように赤いパーツの受け部分の後端をちょっとだけ切り取っておくと外装の付け外しがスムーズになります。さあ、こんな所で船体はでき上がり。さあ、次はいよいよアレだ!


 ででーん! 艦載機。2枚のランナーに32機のコスモファルコンと2機のコスモゼロ。

 これは機体色だけ塗った状態。先週の時点で既に塗り始めてました。

 で、まあ、これを塗るわけですが、これが一苦労(泣)。細部の塗装はもちろんマスキングなんかできませんから、筆塗りで。ヘッドルーペをかけてちまちまちまちまと塗り続けます。そして約6時間ばかりを費やしてようやく塗り上がったのがこちら。

 32機のコスモファルコン。

 ついでにコスモゼロも塗りましたよ。ちなみに写真左側のグレーの機体は加藤機、その隣の鼻が黒いのは篠原機。コスモゼロの頭が赤いのは古代機、オレンジのは山本機です。あ、その他は一般機ね。で、この一般機を板にくっ付いたほうに接着、『両面戦闘機』状態にしておいてシリンダーに組み込みます。

 ハイこんな感じ。このシリンダーへの組み込みにもちょっとしたコツがありますんで紹介しておきましょう。

 まずは上の写真のように「シリンダーの内側」に入るものを接着。接着剤はプラ用の普通のものを使うと、この後の作業がラクチンです。もちろんはみ出さないように極少量づつ付けて止めていきます。

 お次は外側の部分を、同じく極少量の接着剤で接着。

 白く塗った板止め(?)のパーツを押し込んだら、ピンセットでそれぞれの位置を修正し、流し込み用の接着剤で固定します。このあたりは組み立て中にずれてしまうことが多いので、瞬着なんかを使うよりも溶剤系の接着剤のほうが使い勝手がいいんですね。

 ここまでできたら残りのパーツを組み付けて艦載機部分の完成。もう1/72の戦車を1個組んだくらいの充実感(笑)。

 そして収納。無事に収まりました。アップでみると中華街の鳥の丸焼き焼いてるところみたいな雰囲気もある(笑)。

 この部分は取り外して付属のスタンドに飾ることもできます。


 さて、今回はこのあたりで時間切れ。ほとんど艦載機を塗っていたような気がしますが、これで一山こえたのも事実。残るは艦橋や主砲福砲、対空装備、あ、電飾も考えないと、って結構あるじゃん! 大丈夫かオレ? あ、ついでに書いておきますと、「今、ちょうどヤマト2199作ってるんだけど、ココどうしたらいいかなぁ」なんて悩まれている方はコメント欄かメールフォームより質問してください。わかることなら何でもお答えしますよ。

 てな具合で今回はここまで。
 次回も、乞御期待!!

(C)2012 宇宙戦艦ヤマト 2199 製作委員会
(C)東北新社


<前の記事へ ◆ 後の記事へ>
詳しくはバンダイホビーサイトへ


Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.