線香亭無暗のやたら模型制作室
 はい皆様、1週間のご無沙汰です。
 前回の記事でほぼ出来上がったサフ吹きの1/60ガンキャノンを公開したところ、知り合いのモデラーたちからの連絡が相次いでおります。『ここはこうしたほうがいいんじゃない』とか『やっぱり機体色はこの赤だよねぇ』とか、もうてんで勝手に盛り上がっていただいております。ありがたいアドバイスだなぁと思いつつ、でも、ここで一言いわせてください。
『おまえらうるせえよ! プロモデラーなんだから自分で作れよッ!!』
 ああ、すっきりした。まあ、色々言いたくなる気持ちはわかるんですけどね(笑)。不肖な部分はみんな自分で作って再現するように。プロなんだから(笑)。
 こんな按配ですっきりした所で「1/60ガンキャノンを作る」、今回はいよいよ完成編! 張り切ってまいりましょう!!

 さて、これがその前回までの写真。

 仕上げを残して全体が仕上がった状態でした。なので今回は塗装から。

 今回、メインに用意したのはこんな塗料。

 フレームはブルーグレーをメインに使用、本体の赤にはローズピンクブライトレッドプレミアムレッドなど。黄橙色シャインイエローは黄色部分ですな。

 後の列はEx-ホワイトEx-ブラックEx-クリアーEx-フラットクリアーなど。このほかには白部分にインテリアカラー、微調整用に純色シアンなどを使います。あ、そういえば勘違いしている方がいるようなのでちょっと説明しておくと、ガイアノーツのExシリーズはただのレギュラーサイズのカラーの大瓶じゃありません。それぞれに少し上等な仕様になっていて、例えばホワイトは高い隠蔽力を発揮したり、ブラックは深くツヤ感のある仕上がりが得られたりします。クリアー系は粘度が高く、薄めて塗っても十分なコーティング効果が得られるようになっています。まあ、比べてみないとわかりにくいかと思いますが、ちょっと念のため。

 それじゃ、まずフレームの塗装の説明から。

 フレーム自体はブルーグレー純色シアンを入れたものにほんのちょっとブラックを足したもの。一瞬ニュートラルグレーで塗ろうかと思ったんですが、設定画を見ると結構青かったので、こんな塗装色にしてみました。

 足先や肩の球体部分など露出する部分はフレームに塗った色をベースに白を足して明るいブルーグレーに。あんまり青いと胴体の赤と干渉して、見難い配色になってしまうのを防ぐためです。

 足や肩部分にはちょっとクリアーブラックでシャドウを強めに吹いて小細工。

 組み立てた時にシャドウ部が出るようにしました。これで立体感とパーツの別部品っぽい雰囲気を出そうという魂胆。

 あ、ついでにちょっとした工作を追加。一番外側の丸パーツに切り欠きを入れて、フレームのほうには1mm真鍮線を取り付けました。

 こうすることで、組み立てた後一番外側のパーツだけ動かなくなります。方向がわかりやすいデザインにしちゃったんで、クルクル回ると都合が悪いんです。

 さて、こんな感じでフレームまわりの塗装は終了。お次はいよいよメインの赤の塗装。

 まずは表面処理をしなおした後、サーフェイサー エヴォ オイサイドレッドに、同じくサーフェイサー エヴォ ブラックを足したもので下地処理。

こんな感じの色です。これはこの後赤を重ねることを考えての処理。赤は他の色に比べて良い発色が得にくい色です。通常は下地に白を塗ったりして良い発色を得ようとしたりするんですが、今回のガンキャノンではなるべく“重量感”を演出したいので、「明るくても重みのある赤」を目指します。そのために、最初に塗るのはこの色が最低だと判断しました。
 さて、それでは次に塗る赤の混色。

 上の写真は混色中のもの。で、出来上がったのが次の写真。

  ブライトレッドをベースにプレミアムレッドを足し、ナチュラルブラウンで明度を下げたもの。これを塗った後にもう1色赤を重ねてみようと思います。

 これが上の赤を塗り終えた状態。好みとしてはこれぐらいの赤で仕上げるとカッコイイかなぁ、とは思いますが、これはあくまで自分が塗装している環境の照明状況下での印象。今回は静岡ホビーショーの会場で展示していただくので、あの独特の水銀灯の色調の下でも、しっかりと映える赤に仕上げたいと思います。

 そこで、この上に重ねる赤の調色。ブライトレッドに少量のシャインイエローを足したもの。ちなみにワタシが塗装をする時は、いつでも照明状態を同じにしておきたいので、撮影用の100Wレフランプ(デイライト)を一灯点けた状態で塗装しています。そうしないと、その日の様子で塗装色の基準がおかしくなっちゃうんで。

 で、出来上がった赤を重ねたのが上の写真。右側が重ねた後、左は最初の赤を塗ったままの状態。ぐっと彩度と明度が上がりました。赤って、こんなふうにある程度まで重ねるとしっかり発色する色なんですね。

 一度組み立てて様子を見てみました。今回の仕上げは気持ちグラデ気味。1/60位だとグラデはなくてもいいかなぁとも思ったんですが、ほとんど赤の機体色なので、ちょこっとケレンミを出してみました。仕上げはセミグロスの予定です。

 このへんで赤じゃないところも塗っておきましょう。

 頭は最初にフレームに塗った暗いほうのブルーグレーで塗装。

 その上からインテリアカラーでグラデ気味に塗装。

 フェイス部分はこんな感じになっています。カメラ部分はブライトシルバーを塗った上に市販の偏光シートをカメラの形に切張りし、その上から瞳クリアジェルを盛っててみました。カメラカバーはヒートプレスで自作したパーツにハセガワのTFシート クリアグリーンを貼りこみ。簡単に均一なクリア-カラー表現ができるばかりでなく、独特の艶感が魅力的なマテリアル。

 重ねて見るとこんなふう。まあ、カメラ部分の加工もそれなりに効果は出ているな、と。

 頭部を組み立ててみました。バルカン部分には市販のメタルパーツを使ってみました。うむ、なかなかキャノンじゃないか。

 続いてはバックパック。

 基本はブルーグレーEx-ブラックを足したもので塗装。

 スラスター部分はPGガンダムのものをそのまま使用。高粘度の瞬間接着剤とウェーブの硬化スプレーを使って、強引に接着しました。こういう時に欠かせないのが執着の硬化剤。無理な接着でも十分な強度が確保できます。

 続いてはこんなパーツ。

 これは一体なんでしょう?

 正解は股間ブロックに付く黄色い丸パーツ。実は大分作業が進むまで、このパーツの存在を忘れてまして、何か使えるものがないかと見回したところ、PGガンダムのヒザ部分のマルイチパーツの基部(ガンキャノンには不要なので切り取ってしまった部分)が丁度いいということに気が付きました。なのでセンターにちょこっとパーツを足して、急遽作ったもの。結構いい感じだと思うんですが。

 このあたりで基本塗装は大体終わり。

 組み立てたりバラしたりしながら、全体の様子を確かめます。特に赤は組み立てた後にグラデを控えめに塗り直したり、発色が弱いところに重ねたりといった微調整を繰り返します。これが乾いたらデカール貼り→トップコート→各部のミゾ部分をタミヤエナメルのフラットブラックで筆塗り。最後にスミイレして作業終了! いやいや、長かった……。

 それではでき上がりの公開!!

 そして1/60の証明。

 どうでしょう、ガンキャノンになってますでしょうか? 後はギャラリーでお楽しみください。

 いやー、今回の作例はヘビーだった。途中で何度挫けそうになったことやら。

 使ったポリパテ1kg超――

 使ったシリコン2kg(それでも足りず)、レジン1kgほど――

 プラバン、プラ材、接着剤、計測不能――
 そしてでき上がりの満足感、

プライスレス。

 ここまでやると、いつもの作例とは比較にならないほどの充実感が湧き上がってきます(笑)。

 今回の作例ではポリパテ、レジン、シリコンゴムなどに加え、新しいリューターまでご提供いただくなど、ウェーブさんの全面的なご協力により完成することができました。この場を借りて心より御礼申し上げます。

 加えて、いつもお世話になっているガイアノーツさんにも感謝。今回の作例では使用しませんでしたが新しい塗料のご提供も提案していただきました。いつもありがとうございます。
 こんな按配にあらゆるメーカーさんのご協力を頂いて運営している「やたら模型制作室」。これに懲りず今後も宜しくお願いします!
 そして8週にわたってお付き合いいただいたユーザーの皆さんにも感謝。

 さて、じゃあ最後に完成までの過程をごらんいただきましょうか。

 いかがでしょう、お楽しみいただけましたでしょうか。てな按配で1/60ガンキャノンも無事完成。この原稿が公開される翌日には静岡ホビーショーの合同展示会会場で展示させていただきます。サークル名は「バンダイナムコ プラモコンペ静岡出張所」。卓番号は194番。実物がご覧になりたい方は是非とも会場にお運びください。みんなで心ゆくまで『オカシイ!!』って言ってくれっ!

 さて、それでは今回はここまで。次回からはリハビリっぽく軽~くできるものがやりたいなぁ! いいですか、それで?
 てな按配で、お後がよろしいようで。

(C)創通・サンライズ

ギャラリーへ
<前の記事へ ◆ 後の記事へ>
詳しくはバンダイホビーサイトへ


2 Responses to “1/60 ガンキャノンを作る その8 完成編”

  • 完成おめでとうございます。
    実物はすごい重量感でした(笑)。
    ビームライフルが無いのは残念ですが、
    きっと6月22日BNプラモコンペで見られると信じております。

    • 線香亭 無暗:

      まぁた、そういう個人的プレシャーはツイッター辺りで与えといてくださいww。

      ガンキャノンにビームライフルはいらないんですよ。でっかい大砲2本も付いてるし。きっと(笑)。

Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.