来る5月17日より開催される第51回 静岡ホビーショーに向け、アオシマよりの新製品1/24「ランボルギーニ アヴェンタドール LP700-4」の試作画像が公開された。
 「ランボルギーニ アヴェンタドール LP700-4」は、ムルシェラゴに変わるランボルギーニのフラッグシップモデルとして2011年に登場。カーボンファイバーモノコックを採用し、サスペンションはプッシュロッド式、エンジンは新設計のV12し、限定車として発売された「レヴェントン」や2008年公開のたコンセプトカー「エストーケ」などとも共通するデザインラインを持つ。
 キットはドアやエンジンフードの開閉、V12エンジンの再現、着色済みテールレンズの採用など、非常に力の入った内容となっている。また、エッチングやメタルパーツなどの専用ディテールアップパーツも同時開発中とのこと。発売は7月予定。画像で確認する限り、エンジンやエクステリアなども非常に繊細に再現されており、全体的なフォルムも含め、非常に期待が持てる仕上がりとなりそう。発売が待ち遠しいキットだ。

◆カーモデル

■1/24 スーパーカー No.07
ランボルギーニ アヴェンタドール LP700-4



商品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/24
価格 ¥4,200-
2012年7月発売予定

詳しくはアオシマHPへ


Comments are closed.