今回のハセガワ製品情報はキャラクターモデルがメイン。まずはハセガワ70周年記念プロジェクトとしてスタートした、クリエイター ワークス シリーズ第2弾として「1/72 サンタ・クルス“とある飛空士への追憶”」がリリース。ハセガワならではの航空機的解釈を取り入れたキットは、実存機とは異なった独特の魅力にあふれており、作品のファンなら当然、たとえ作品を知らなくても作ってみたくなるキットだといえる。
マクロス関連キットでは、かわいくディフォルメされた『たまごひこーき』シリーズより、前作VF-1に続いて「YF-19」が発売。接着剤いらずの簡易な組立てを実現した上、成型色3色、シルクスクリーンデカールが付属というリッチな仕様だ。
一部で大変な人気となった1/12可動フィギュア用アクセサリー「学校の机と椅子」に続く第2弾は、「1/12 部室の机と椅子」。今回は折畳式会議机 2卓と折畳式パイプ椅子 4脚がセットとなっている。
1/12バイクモデルでは「スコット レーシング チーム ホンダ RS250RW“2007 WGP250”」が限定生産で登場。特徴的なカラーリングをシルクスクリーン製デカールで再現し、ゼッケン「55」の高橋裕紀選手、「34」のアンドレア・ドヴィツィオーゾ選手のものが付属する。

◆キャラクターモデル

■1/72 サンタ・クルス“とある飛空士への追憶”

昨年12月に発売された「1/72 スペースウルフ SW-190」に続き、クリエイター ワークス シリーズ第2弾として、『とある飛空士への追憶』より「サンタ・クルス」がリリースされる。『とある飛空士への追憶』は犬村小六氏による小説で、2011年10月にマッドハウスの制作により劇場アニメとしてロードショー公開された。今回キット化されるレヴァーム空軍の最新鋭複座式水上偵察機「サンタ・クルス」は、劇中、一等飛空士シャルルが次期レヴァーム皇妃ファナを乗せて12,000Kmを旅した機体として印象深い。キットはハセガワならではの航空機的解釈を盛り込んだスケールモデルを意識した作りとなっており、特徴的な引き込み式のフロートは、展開した水上機状態と収納した飛行状態を選択式で再現することができる。クリアー成形のスタンドも付属するので飛行状態での展示も可能だ。コクピットに搭乗可能な着座姿勢のシャルル&ファナに加え、劇中のシーンをイメージしたゴムボートと、そこで休息する2人のフィギュアも付属するので、ジオラマに挑戦するのもいいだろう。主要パーツは、VF-11などにも採用されていた大き目の勘合となっており、組み立てやすさと強度を両立させている。2月24日にはブルーレイ&DVD発売も予定されているので、作品を見ながらの制作も楽しみなキットだ。

製品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/72
価格 ¥2,730-
2012年2月12日頃発売予定
(C)2011 犬村小六・小学館/「とある飛空士への追憶」製作委員会

 

■YF-19“マクロスプラス”(たまごひこーき)(限定生産版)

可愛らしいフォルムに本格的なディテールが人気のたまごひこーきシリーズに、マクロスプラスより「YF-19」が登場! 同シリーズのマクロス関連キットとしては「VF-1」以来2作目となる。成形色はアイボリー、グレー、クリアーの3色の予定で、ガンポッドとコクピット用のディフォルメパイロットが付属する。組立ては接着剤不要なので手軽に楽しめるうえ、デカールは発色に優れたシルクスクリーン製(イサム・ダイソン機)が付属。パッケージはお馴染み天神英貴氏の手によるもの。手軽に楽しめるマクロスキットの登場が楽しみだ。

※画像のスタンドはキットに付属しません。
製品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ ノンスケール
価格 ¥1,365-
2012年2月19日頃発売予定
(C)1994 ビックウエスト

 

■1/12 部室の机と椅子(1/12可動フィギュア用アクセサリー)

好評発売中の1/12可動フィギュア用アクセサリー「学校の机と椅子」に続いて、「部室の机と椅子」が発売される。今回は折畳式会議机(H:61.5mm、W:150mm)と折畳式パイプ椅子(H:65.6mm、W:39.6mm)の組み立てキットで、机2卓と椅子4脚がセットとなっている。厳密なスケールモデルではなく、1/12可動フィギュアにフィットするように寸法をアレンジしてあるのは前作同様。成形色はマホガニーとグレーの2色で、未塗装でも雰囲気のある仕上がりが得られる。組立ては接着剤不要。前作と共に並べて楽しみたいアイテムだ。

※右端の写真はサイズ比較用です。1/12可動フィギュア用アクセサリー「学校の机と椅子」は付属しません
製品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/12
価格 ¥1,050-
2012年2月19日頃発売予定

 
 

◆バイクモデル

■1/12 スコット レーシング チーム ホンダ RS250RW“2007 WGP250”(限定生産)

日本人ライダー高橋裕紀選手が駆った2007年の「スコット レーシング チーム ホンダ RS250RW」がキット化。ビビットなカラーリングが魅力のこのマシンは、2007年、高橋裕紀、アンドレア・ドヴィツィオーゾ両選手のライディングで活躍。高橋選手は前年に続いての怪我に泣かされ、ランキング11位にとどまったが、ドヴィツィオーゾ選手は前年に続いてランキング2位を獲得した。キットは2007年後期仕様を再現。特徴的なカラーリングはシルクスクリーン製デカールが用意され、ゼッケン「55」の高橋裕紀選手、「34」のアンドレア・ドヴィツィオーゾ選手仕様のどちらかを選んで組み立てることができる。

製品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/12
価格 ¥3,990-
2012年2月7日頃発売予定


詳しくはハセガワHPへ


Comments are closed.