タスカモデリズモ12月発売の新製品は「1/35 アメリカ中戦車M4A1シャーマン 初期型 (直視バイザー型)」と「1/35 M4シャーマン水平懸架サスペンションセット T80キャタピラつき/T84キャタピラつき」。
「1/35 アメリカ中戦車M4A1シャーマン 初期型 (直視バイザー型)」は最も初期のシャーマン2のアメリカ軍仕様で、限定で発売されていた35-L27のリニューアルキットとなる。今回のリニューアルにあたり、新たに判明した資料によりマーキング内容が更新され、イラストパッケージとなって発売となった。
「1/35 M4シャーマン水平懸架サスペンションセット T80キャタピラつき/T84キャタピラつき」は改良が進むにつれて増加した重量を支えるため投入されたHVSS(水平懸架サスペンション)を再現したもので、サスペンションパーツととドライブスプロケット、アイドラーホイルとその基部に加え、T80またはT84キャタピラを同梱することで、水平懸架サスペンションの足回り全てが1セットでまかなえるというもの。HVSS独特のディテールは立体感にあふれる出来で、メカニカルな魅力を満喫することができる。

◆AFV

■1/35 アメリカ中戦車M4A1シャーマン 初期型 (直視バイザー型)

75mm砲装備のM4シャーマンの中でも最初に量産化されたM4A1は、M4と同様、車体上部全体が鋳造製で航空機用星型エンジンを搭載した中戦車だ。初期のM4A1は、M3中戦車と同じ極初期型垂直懸架サスペンションと操縦手席前方に直視式バイザーを装備しているのが特徴。ドイツアフリカ軍団に対向するため最初にイギリス軍に配備され、後にアメリカ軍にも配備。生き残った車輌はシシリー島、イタリア本土での戦闘に参加し、長期にわたって戦場を支えた。キットは特徴的な直視バイザーつきの車体上部に加え、大型のサンドシールドやM3中戦車と同じ極初期型の垂直懸架サスペンションなど実戦投入されたM4A1の最も初期の姿をモデル化。基本的には35-L27 (限定商品・販売終了) のリニューアルキットとなるが、新たに判明した資料によりマーキング内容を更新、第1機甲師団第1機甲連隊第3大隊の2種は車体正面の稲妻を握る鉄拳のマーキングを新たに追加、側面のニックネームなども新たに判明した写真により内容を精査し、より実車に近づている。また、新たに第2機甲師団第66機甲連隊のマークを追加。この部隊のマーキングは従来白とされるのが一般的だったが、カラーの動画が発見され黄色であることが判明。これにあわせて黄色いマーキングが再現されている。サスペンション部には高さを固定するスぺーサーの部品を追加。従来の発泡ゴムによるサスペンションの沈み込みと高さ固定式のどちらかを選択で組めるように考慮されている。デカールはカルトグラフ製で、1942年11月のトーチ作戦時の第1機甲師団第1機甲連隊2種、チュニジアからアルジェリアに移動中の第2機甲師団第66機甲連隊、イタリア戦線の計4種入り。アメリカ戦車兵のフィギュア一体が付属する。

製品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/35
価格 ¥5,685-
2011年12月発売予定


■1/35 M4シャーマン水平懸架サスペンションセット T80キャタピラつき/T84キャタピラつき

M4シャーマンの水平懸架サスペンションとキャタピラをセットにした1/35スケールディテールアップキットが発売。M4の改良に伴う重量増加に対応するため採用された水平懸架サスペンション(HVSS)は、キャタピラの幅を2倍弱に拡大し、あわせて転輪を左右に二重に配置することで、接地圧を低く抑えることに成功した。キットはサスペンションパーツとドライブスプロケット、アイドラーホイルとその基部に加え、T80またはT84キャタピラをセットとすることで、このキットだけでHVSS装備タイプのM4シャーマンを再現することができる。サスペションは一部のパーツを可動とすることでホイルを前後にスイングさせることができ、実車に近い動きを再現可能。スプロケットは2種類の選択式。キャタピラはベルト式のキャタピラ本体に別パーツの履板とセンターガイドを貼りつけることより、立体感と組立易さを両立。M4シャーマンはもちろん、共通の足回りを使用した多くの系列車輌に使用することが可能だ。タスカモデリズモ製キット以外への取付けには多少の改造が必要となるので、注意していただきたい。
●キット内容
水平懸架サスペンション(HVSS) 1輌分
T80またはT84キャタピラ 1輌分
ファイナルドライブカバー
スプロケットホイル2種
ロードホイル
アイドラーホイル

製品仕様 プラスチック製組み立てキット(ディテールアップキット)
商品サイズ 1/35
価格 T80、T84各¥2,940-
2011年12月発売予定

詳しくはタスカモデリズモHPへ


Comments are closed.