線香亭無暗のやたら模型制作室
はい、皆様こんにちは。
今回も前回に引き続き、フレームアームズ「スティレット」のディテールアップをしていきましょう。

まずは前回基本形状を整えた翼から。

前回はプラバンにアールをつけたりして、なんとなく出来上がったような気がしてたんですが、よくよく見ると厚みが足りないような気がしてきたんで、急遽ポリパテを薄く盛って削り出し、厚みを増しました。結果的により翼らしくなったので良しとします。
このパーツの表面を滑らかにしたら、いよいよスジボリを始めます。


はい、写真では一気に半分完成しちゃってますが、今回の改造で一番面倒な部分です。何せパテとプラが混在しているところにスジボリをするのは非常に気を使います。プラとパテでは強度が違うので、同じ力でスジボリしていても、急に深くなったりして失敗しがちなんです。こういう場合は市販の「削って溝を作る系」のスジボリ用ツールを使うより、昔ながらの面打ちやチゼル等を使ったほうが、力のコントロールがしやすくて安全です。オマケにスジボリ用のガイドテープを剥がすときに、定着の弱いパテ部分が一緒にはがれてきたりして……。したがってこの作業はプラパテと面打ちを持ち替えながらの作業になったりします。


続いて前回はざっくり形を出しただけだった背部のロケット部分。しっかりと形を整えようと作業していたら、やっぱり出てきましたよ、コイツが。

だいぶ立派な気泡。本当なら少量のポリパテで穴を埋めていくのが一番いいんですが、面倒なので瞬着とプラパテを使って穴埋めします。これくらい穴が深いと、プラパテだけでは何度も上付けしないと穴が埋まらないので、大凡のところは瞬着で埋めておいて、表面の処理にプラパテを使います。普通の瞬着の代わりに瞬間クリアパテ等を使ってもいいですね。


今回の作例では、本体はほとんどキットのまま、基本工作のみの予定なのですが、それでも若干気になる部分があります。

例えば胸のダクトの中とか、


フクラハギ裏の凹モールド部分は合わせ目が消しにくいとか。

こんな時はプラバンやディテールの付いた部品を作って埋めてしまえばいいんですが、なれないと現物あわせで作るのは中々大変です。そこでちょっとした小技をひとつ。

まず凹モールド部分にマスキングテープをきっちり貼ります。角の部分は爪楊枝などでしっかりと馴染ませておいてください。


そうしたら、要らない部分をカッターなどで取り除いて凹モールドと同じ形のマスキングテープを作っておいて、

プラバンに貼り付けます。今回使ったのはエバーグリーンの段々が付いたもの。裏側のフラットな部分に貼り付けてマスキングテープの形に合わせて切り出します。


はい、ぴったりはまりました。厚みはサンディングスティックなどを使って調整します。これ、この手のパーツを作るときには、意外と手早く正確にできるので試してみてくださいね。

この辺りまで来たら、意外と忘れがちな武器類もディテールアップしておきましょう。


ガトリングガンの銃口はリューターを使ってウスウス攻撃。写真のものは先細のストレートビットを低速回転させて削ったものですが、なれない方は手動で、面取りビットなどを使ってもいいでしょう。なんせリューターは使い慣れないと失敗率が高いですからね。


つづいて先端のリング部分。リベットのディテールがあったのですが、パーティングラインをまたいでいたのでラインと一緒に削り落としてしまいました。それに六連装なのにリベットが4つというのも違和感があったので。こういう部分のリベットはなるべく銃身を避けたいはずなので、力学的に考えるなら3つか6つ。今回は3つリベットを追加してみます。


まずは銃身の間に来るように0.5mmの穴を空けます。使用するのはHiQpartsのフラットリベット1mm。六角のリベットでもいいと思いますが、たまたま手元にあったもんで。


出来上がりはこんな感じ。サーフェイサーを吹いた後です。と言うと聞こえはいいが写真を撮り忘れて、慌てて今撮っただけなんですけどね。メタルパーツの接着にはアクアリンカーを使いました。




さて、ここまで来たら塗装だ、と思ったら忘れてました。


改造計画のカカト部分。赤線で囲った部分です。いや~すっかり念頭消失していた。

よしって事でエポパテで新造パーツを作ろうと思ったわけですが、これ普通にメンタム塗ってもはがれそうにないなぁ……としばし悩んで、

こんなことを考えてみました。最も食いつきがきつそうなシリンダー部分はストローを切ってはめ、残りの部分はなるべくきれいにマスキングテープを貼って保護。もちろんその上に、後でエポパテを剥がしやすいようメンタムを塗っておきます。これなら複雑な形状でも取り外し可能なパーツが作れそうです。


ポリパテを盛って、完全に硬化しないうちに剥がしたところ。残念ながら今だ完全硬化していないので、このパーツだけ次回に持ち越しだ。ちょっと悔しい。

まあ、悔しがっていてもしょうがないので気を取り直して、下地塗装に入ります。

使うのはいつものガイアノーツ製のサーフェイサー エヴォなんですが、今回は普通のグレーのものを使わずにブラックとホワイトのサーフェイサーを混ぜて、普通のものより濃いグレーのサーフェイサーを作ってみました。仕上がりに軍用機っぽい鈍い発色が欲しいので、濃い目の下地がいいだろうという判断です。
で、サフが塗りを終えたのがこちら。

もちろん元パーツとの差換えも可能です。

サフを吹いてみたらスジボリの修正忘れなど見つけてしまったので、それを直して塗装、仕上げにかかります。

さて、今回はそろそろこの辺で。次週はいよいよスティレット完成編です。
次回は8/27日更新予定。ご意見、ご質問もお待ちしております。

それでは次回も、乞御期待!!

2010 (C) KOTOBUKIYA Co.,Ltd All Rights Reserved

<前の記事へ ◆ 後の記事へ>


Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.