ハセガワ創業70周年記念プロジェクト、「クリエイター ワークス シリーズ」の続報と、9月の新製品情報をお届けしよう。
どんなアイテムがキット化されるのか様々な憶測を呼んだ「クリエイター ワークス シリーズ」第1弾は“宇宙海賊キャプテンハーロック”に登場の「スペースウルフ SW-190」。今後の推移がより楽しみとなった。
ニューキット関連情報では「ハセガワ アイドルマスター プロジェクト 第3期シリーズ」第5弾として「1/72 ラファール M “アイドルマスター 水瀬伊織”」が登場。
その他、エアモデルでは「1/72 RF-101C ブードゥー “オペレーション サン・ラン”(2機セット)」「1/72 ハインケル He111P/H “第55爆撃航空団”」「1/72 ユンカース Ju88G-6 “シェーネルト”」「1/72 F-4S ファントム Ⅱ “ロービジ CAG”」「1/48 F/A-18B/D ホーネット“ブルーエンジェルス”」「1/48 F-15J イーグル “近代化改修機 形態 Ⅱ型”」等のリリースも見逃せない。
カーモデルでは「1/24 フォルクス ワーゲン ビートル “ポリス カー”」が発売となる。
また、先日お伝えした「1/200 日本航空 ボーイング767-300」は商品名が「1/200 日本航空 ボーイング767-300ER」に変更となった。新たに届いたパッケージ画像とともに改めてご紹介する。



 

◆ハセガワ クリエイター ワークス シリーズ 第1弾アイテム発表!

すでに各模型媒体等でご覧の方も多いと思うが、セガワ創業70周年を記念して行われるプロジェクト 「クリエイター ワークス シリーズ」の第1弾アイテムが発表された。第1弾アイテムとなるのは“宇宙海賊キャプテンハーロック”に登場する宇宙戦闘機「スペースウルフ SW-190」。松本零士氏監修の元、1/72のプラスチック・インジェクションキットとして2011年末発売を目指して開発中との事だ。フォッケウルフをモチーフとしてデザインされたという「スペースウルフ」が、“航空機のハセガワ”とのコラボレーションによりどのような変化を見せるのか、また独特の意匠がなされた“松本メカ”がどういった表現でキット化されるのか、興味は尽きない。続報があればMPJでも順次掲載していく予定だ。期待して続報を待とう。
(C)松本零士・東宝アニメーション

詳しくはハセガワHPへ





◆キャラクターキット

■1/72 ラファール M “アイドルマスター 水瀬伊織”(限定生産)

「ハセガワ・アイドルマスター プロジェクト 第3期シリーズ」第5弾として登場するのは、「水瀬伊織」のイラストが描かれた「1/72 ラファール M」。「水瀬伊織」はセレブなお嬢様でありながら、何もかも親から与えられるだけの境遇を打破するため765プロダクションに所属。前髪を上げたおでこがトレードマークで、ファンの前では小悪魔キャラを演じているが、仲間内では“猫を被っている”と評されることもある。「ラファール M」はフランスのダッソー社が開発した戦闘機で、“M”は海軍仕様を表す。キット本体はイタレリ製で成型色はグレー。レジン製の給油プローブ部品が付属する。デカールは一部パールを使用した、発色の良いシルクスクリーン製のものが付属。2009年から全26機を製品化した「ハセガワ・アイドルマスタープロジェクト」。このアイテムでシリーズ第3期は一区切りとの事。有終の美を飾るキットをぜひとも手に入れておこう。
製品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/72
価格 ¥4,725-
2011年9月29日頃発売予定
(C)窪岡俊之 (C)NBGI




◆エアモデル

■1/72 RF-101C ブードゥー “オペレーション サン・ラン”(2機セット)

「RF-101」は米国のマクドネル社が開発した、双発の超音速戦闘機で、C型は戦術航空軍団向けの単座偵察機型。固定武装を持たず、6台の偵察カメラを機首と胴体部に有する。キットは1957年11月27日に行われた、ロサンゼルス~ニューヨーク間のアメリカ大陸横断速度記録飛行「サン・ラン作戦」に参加した機体を再現しており、記録確認を容易にするため、視認性の高い特別塗装が施されていた。デカールは第363戦術偵察航空団 所属機『グスタフ B. クラット中尉 乗機「SUN-RUN 3」』『レイ W. シュリーセンゴスト大尉 乗機「SUN-RUN 4」』『ロバート M. スイート大尉 乗機「SUN-RUN 1」』『ロバート J. キルパトリック大尉 乗機「SUN-RUN 2」』の4種が付属。このうち2種を選んで再現することが可能だ。
製品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/72
価格 ¥2,940-
2011年9月6日頃発売予定



■1/72 ハインケル He111P/H “第55爆撃航空団”
ハインケル社が開発したレシプロ双発爆撃機「ハインケル He 111」は、WW.Ⅱを通じて使用され、多くの派生機を生んだ。P型は操縦士の視界を改善するため全透明型の機首を採用し、機銃位置を変更したもの。続いて生産されたH型は多くバリエーションを持ち、シリーズ総生産数は7,000機余りとなった、He111の標準仕様といってもいい機種だ。キットは第55爆撃航空団と第27爆撃航空団所属機より、胴体後部や尾翼のラダー部にイラストが描かれた機体をセレクト。P-2型と H-2型の選択式となっている。付属デカールは『P-2型:第55爆撃航空団 第3中隊 所属機「G1+JL」』『H-2型:第55爆撃航空団 第1中隊 所属機「G1+BH」(1940年)』『P-2型:第27爆撃航空団 第2中隊 所属機「1G+EK」(1939年)』の3種の予定。
製品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/72
価格 ¥3,570-
2011年9月6日頃発売予定



■1/72 ユンカース Ju88G-6 “シェーネルト”
爆撃任務の他、夜間戦闘や偵察機としても活躍したのがJu88だ。今回キット化されるシェーネルト少佐専用機は、胴体後部にFuG220SN-2レーダー(鹿角アンテナ)を8基装備した機体で、対モスキート夜戦用に上下方向への探知範囲の拡張を図ったもの。今回のキット化にあたり、FuG220 SN-2レーダー(胴体後部装備用)パーツを新規で追加し、アンテナ用ダイポール、電波高度計アンテナ等はエッチングパーツで付属する。デカールは『第5夜間戦闘航空団 司令官 ルドルフ シェーネルト少佐 乗機「C9+AA」(1945年4月)』『第2夜間戦闘航空団 第7中隊 ヴァルター ブリークレップ中尉 乗機「4R+BR」(1945年3月)』が用意されており、ドイツ機研究科の国江隆夫氏による実機解説書も付属する。
製品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/72
価格 ¥3,780-
2011年9月17日頃発売予定



■1/72 F-4S ファントム Ⅱ “ロービジ CAG”

アメリカ海軍所属のF-4Sより、冷戦時代に運用されていたロービジの機体を再現。付属デカールは『第151戦闘飛行隊“ビジランティーズ”CAG機 「NF200」(1986年)』『第161戦闘飛行隊“チャージャーズ”CAG機 「NF100」(1985年)』の2種となり、どちらもCAG(隊長機)の物となっている。最後のネイビーファントムに施されていた独特の塗装を楽しめる、ロービジファンにはたまらないキットだといえるだろう。
製品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/72
価格 ¥3,360-
2011年9月24日頃発売予定



■1/48 F/A-18B/D ホーネット“ブルーエンジェルス”

米国で最も著名なアクロバットチームといっても過言ではない“ブルーエンジェルス”所属の「F/A-18B/D ホーネット」をキット化。トレードマークであるブルーベースにイエローのラインがあしらわれた機体を2011年度版の最新仕様でリリースする。キット化されるのは複座型の「7」番機で、B型とD型を選択して組み立てることができる。付属デカールは『F/A-18B: “ブルーエンジェルス”所属機「7」(2011年)』『F/A-18D: “ブルーエンジェルス”所属機「7」 』の2種となっている。
製品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/48
価格 ¥6,195-
2011年9月17日頃発売予定



■1/48 F-15J イーグル “近代化改修機 形態 Ⅱ型”

航空自衛隊のF-15J イーグル 近代化能力向上改修機がキット化。新規パーツとしてアイリスカバー無しエンジンノズル部品がプラ/エッチングで付属し、インテーク側面のアンテナフェアリング、グレアシールド風防後部のGPSアンテナ、IRSTシーカー等がレジンパーツで付属する。また、機首ライトニングアレスタや垂直尾翼補強板はメタルインレットで再現される。デカールは『飛行開発実験団 F-15近代化改修機 形態 II型「942」(試改修2号機)』『飛行開発実験団 F-15近代化改修機 形態 I型「928」(試改修1号機)』の2種が付属予定となっている。
製品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/48
価格 ¥6,930-
2011年9月24日頃発売予定



■1/200 日本航空 ボーイング767-300ER

2011年2月に伝統の「鶴丸」マークを復活させたJALのニューマーキング機をいち早くキット化。キット化されるのは鶴丸マークを施した初号機767-300で、以前と比べ翼部分の切れ込みが深くなった鶴丸マークや、太いゴシック系の書体で表された「JAPAN AIR LINE」の文字も正確に再現している。デカールは『日本航空 新ロゴ(鶴丸) 初号機「JA654J」(2011年2月就航)』が付属。伝統を踏まえて新になった新生JALの象徴として蘇った美しいカラーリングは、民間旅客機ファンにとってたまらないアイテムだろう。
製品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/200
価格 ¥1,890-
好評発売中




◆カーモデル

■1/24 フォルクス ワーゲン ビートル “ポリス カー”

先に発売されていたフォルクスワーゲン TYPE1 “1967”がポリスカー仕様となって新登場。“ビートル”の愛称で親しまれたType1は、安価でありながら堅牢で故障も少ないことから、各国でポリスカーとしても使用されていた。キットは製造年代による微細な特徴をしっかりと再現していた1967年仕様を元に、パトランプ、スピーカー、左ハンドル用ダッシュボード等のパーツを追加。デカールは『ドイツ連邦警察局』『セントジョン市警察 (カナダ)』の他、オマケとして『アントワープ市 (ベルギー)』のものも付属する。何ともいえないノスタルジックな雰囲気が魅力なモデルだ。
製品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/24
価格 ¥3,150-
2011年9月29日頃発売予定

詳しくはハセガワHPへ


Comments are closed.