編集者(以下 編)「師匠! 前回の『モデラーのための色彩学 その2』も非常に評判いいです」
線香亭無暗(以下 無)「そりゃ良かった」
「でもあれです。“いってることが難しくてよくわからない”っていう意見も結構寄せられました!」
「なんだいそりゃ、上げたり下げたり(笑)」
「そこで今回は“至極わかりやすく”お願いします」
「前回も判りやすく話したつもりなんだけどねぇ……(笑)。まあ、読者の皆さんにちょっとわかっていただきたいのは、ここに書いてあるような内容を本から得ようとしたら、数十冊の中からチョイスして自分なりに構築しなきゃならないってことなんだけどね。なるべくわかりやすく、いらない所はすっ飛ばして話してるつもりなんだけど、それでもこんなんなっちゃう。全部詳細に説明しようとすると、多分、本2冊分ぐらいにはなりそうだから(笑)。だから“めんどくさいなぁ”と思っても、ちっと我慢して付き合っていただけるとありがたい。なるべくわかりやすいように努力はするけど」
「う、なんか申し訳ない気持ちになってきました……」
「まあ、確かに物事の理屈を突き詰めるっていうのは面倒な作業だからね。しょうがない」
「でも、理屈がハッキリしないと再現性がない、でしたっけ?」
「お、それはこの間、飲み屋で説教したときの話だな。良く覚えてたね」
「いやいや、恐縮です……」
「で、この間はどこまで話したんだっけ?」
「なんだ、師匠が忘れてんじゃないですか(笑)。手順でいうと『調色の基本にするカラーを選ぶ』っていう所までです」
「ああ、そうだった。じゃあ今回は『基本となる色の調色の仕方』から始めてみようか」


◆『基本となる色』の調色方法

「いきなり飛ばして本題にいくけど、基本になる塗料を決めたら、その色から目的=イメージした色に対して色の3属性=『色相』『明度』『彩度』がどれくらい離れているかを判断する。あ、先に言っておくと、この『色の3属性』を別個に考えて、順番に合わせていくことが大事だよ。これが一緒くたになっちゃってると失敗する可能性が高い。慣れないうちは特にね」
「じゃあ、何から合わせていくのが良いんでしょう?」
「まず最初に考えるのは『色相』。これは元になる塗料よりも、もうちょっと赤っぽいとか、青っぽいとか、緑っぽいとか、そういういう比較になる。慣れてくると『元の塗料から目的の色に近づけるためにはこの色とこの色をこれくらい足せばいい』っていうのが直感的にわかるようになってくる」
「慣れないうちはどうしたらいいですか」
「基本的には『減法混色』のセオリーに従って、1色ずつ選んでいけばいい。『赤と黄色を混ぜたらオレンジ』とか『青と黄色を混ぜたら緑』みたいな。減法混色の図版を見ればわかるから」

「色相を合わせる時に使うのはどんな塗料使うんですか? ガイアカラーで言うとシャインレッドとかビリジアングリーンとか、そういう塗料を混ぜるんですか?」
「そういう塗料を使うこともあるけど、色相の差がある程度小さいんならCMYに即したカラーを使うといい。ガイアノーツだと『純色シリーズ』だとか、クレオスだと『色の元』だとか
「普通の塗料とどう違うんですか?」
「そういう塗料は混色することを前提に作られてるから、彩度と明度の低下が最小限に抑えられるんだ。この間話した『減法混色ではどんな色を混ぜても彩度は下がっていく』っていうのは覚えてるよね」
「はい、無彩色を混ぜた時が彩度の変化が一番大きくて、普通の塗料同士を混ぜていっても、最後は黒に近いグレーになるって話でしたよね」
「そう、そのとおり。純色系のカラーって、ちょっとクリアー塗料みたいになってるでしょ。これが彩度の低下を防ぐ秘密なんだね。こういう塗料が出る前は、同じ効果を得るのにクリアー塗料を使ってたりしていた。とにかくこの後の『明度』の調整で必ず『彩度』は落ちるから、そのときまでなるべく彩度を維持する方向で調色する。ただ例外もあって、例えば茶系とかオリーブグリーン系とかは純色系のカラーでは再現しにくいんで、そのものの塗料を使ったほうがいい。オレンジなんかも意外と調整しにくい色だから、そのまま使ったほうがいいかもしれない。まあ、イメージした色がそういった系統の色なら、その塗料をベースにしたほうが早いんだけどね。要は目的の色との兼ね合いという事になる」
「なんか、軍用色って混色するのが難しい気がするんですけど」
「そうだね。そういう時はやっぱり軍用色として用意されているものをベースにするのが近道かも。その辺は臨機応変にするといい」
「適材適所っていうことで」
「それから普通の塗料を使うときの注意点をいっておくと、目的の色を再現するのに必要ない塗料が混ざっていることがあるから注意が必要だ。しばらく置いたままの塗料ビンの底を見るとわかるんだけど、別の色が沈殿してることがあるでしょ。あれはその塗料の色を再現するためにあらかじめ混色した顔料が比重差で沈殿したものなんだ。だから通常のカラーを使うとその混色に必要のない色が混ざっていることがある。影響の少ない色が入ってれば良いけど、ほんのちょっとでも補色系の色が入っていると目的の色にたどり着かない。だから注意が必要ってワケ。慣れてくれば純色系のカラーを使わないでも上手いこと調色できるようになるんだけどね」
「補色が入ってる駄目となんですか。結構厄介ですね補色のヤツ」
「いやまぁ、補色は補色で混色のときの使い方ってのがあるんだけど、それは後で説明しよう。ちょっと裏技的な使い方なんで」
「難しくなってきましたね。なんもう、明らかに失敗してしまいそうな気がしてきました(笑)。失敗したらどうすればいいんですか」
「明らかに失敗してリカバリーのしようがなくなったら、最初から作り直すしかない。あとは各色の混合比が訳わかんなくなっちゃった時とかね。そうやって満足いくまで調色を繰り返す」
「師匠でも失敗することがあるんですか」
「あるよ。調色の途中で『しまった黄色が必要だった』って気づくとか、これでいいと思ってテストチップに塗ってみるとイメージと違うとかね。だから、いつも使っていて、仕上がりの様子がわかってる塗料以外は必ず実際に塗って試してみる。後は失敗っていうよりもテストで何色か作ることが多い。似たような色味で、どれが一番良いのかを確かめるために。特に基本となる色が単色じゃない場合、2色とか3色の塗り分けって時はマッチングを見るのに何色か作ってみることが多い」

「そうなんですよ。基本色が複数になると、途端に組み合わせ方がわからなくなるんですよね」
「そういう時は、やっぱり基本になる“この1色”っていうのを作ってから他の色を調色すると上手くいくよ。1色が決まってしまえばそれに合わせて他の色を決められるから。ここへんまでできれば基本となる色の完成だ」
「わかりました」


◆『明度』の調整の目安とは

「じゃあ次は『明度』の調整。これはスケールや、最初に決めたイメージの想定なんかによって目指す所が変わるんだけど、20m級のロボットなんかでは『明度を上げる』方向に持っていけばまず間違いない」
「どうしてですか?」
「その模型の元のサイズが大きい場合、『空気遠近法』っていうのを利用して巨大感=スケール感を演出するからだよ」
「それはどういうものです」
「絵画の世界でレオナルド・ダ・ヴィンチが発見したといわれている手法なんだけど、単純に言うと、大気の影響で目標物との距離が遠くなるほど明度が高くなり、輪郭は不明確になる。それと色相が青みがかってくるという事。例えば、そのキャラクターが20mの物体だったら、人間の目で全体が見渡せる距離は最低でも70~100m位だから、リアルに見せるためには少なくともそのぶん明度を上げなくちゃならないって事になる。実際には、それくらいの距離では殆んど影響がないんだけどね。で輪郭については、ロボットや機械類だと正確なエッジを認識できなくなる分シャープな印象になるから、“不明瞭になる”ってところは気にしなくていい」
「え、そこだけ逆になるんですか?」
「いや、そうじゃなくてね。例えば70~80m離れたところに、でっかい建築用のマルチブーム車があるとしよう」
「マルチブーム車ってなんですか?」
「よくビルの解体なんかに使ってる、長いアームの付いた重機のこと。よく見るでしょ」
編「ああ、良くありますね。黄色とかオレンジとかの」
NZG 1/50 日立ZX1000K マルチ解体機  写真提供:PLATZ

「そうそう、そのマルチブームなんかをそれくらい離れた所から見ると、各パーツはかっちりとした面で構成されているように見える。プラバンの箱組みたいな」
「そうですね」
「でも、近くまで寄ってよく見てみると、プラバンの箱組みたいにエッジがぴっちり立ってるわけじゃない。必ず面取りがしてあったり、アールがついていたりする」
「あ、そういえばそうですね」
「これは“輪郭がぼやけた”せいで細かい面が認識できなくなったからなんだ。だから模型のエッジをしっかり立てることはスケール感の演出につながるんだよ」
「ははあ、なるほど」
「それから、色相の変化については、顕著に変化が現れるのが数十Km単位だから、これもあんまり考えなくていい。絵画、特に風景画だと、それくらい距離が離れた物がよく登場するから気にしなきゃいけないんだろうけどね。だから、もし遠近法を使ったジオラマなんかを作るときには参考にするといい。そういうことを総合的に考えると、空気遠近法を使って模型用の調色をする場合は、主に明度について考えればいいという事になる。もちろん、その模型のスケールが変われば明度の調整も変わる。スケールが小さいと感覚的に“遠くにあるもの”っていう認識になるからね」
「じゃあ、『このスケールで、何mに付きどれくらい明度を上げる』っていう目安はないんですか?
「残念ながら明確な目安はないねぇ。天候や場所によって全然変わるし、視覚はあくまで主観的なものだからね。例えば、海なんかに行くと妙に物や色がはっきり見えるでしょ。あれは紫外線なんかが影響してるんだけど、それと同じで現用の海軍機の写真などを見ると、彩度がしっかりしていて、遠近感に乏しい感じがする。逆に都会の曇り空だったりすると、大気が汚れているのと、あたり全体の明度が落ちてるんで、やけに遠近感を感じたりする。それに視覚って、見る人によって微妙に違うんだよ。だから脳内イメージを明確に表した模型の塗装は、それぞれが個性的なんだ」
「なるほど。それも最初の色のイメージと一緒で、使用状況によるってことなんですね」
「そのとおり。最初にイメージをしっかりしておけば、その辺りで迷うことも少ない。後はやっぱり観察だね。空気遠近法については自宅の窓からでも観察できるから、気にして見てみるといいと思うよ」
「あ、そうだ。宇宙の場合はどうするんですか? 宇宙には大気がないじゃないですか」
「そうなんだよね。そこが悩みどころだ。なんせ宇宙に行ったことがないんで写真で判断するしかないんだけど、NASAの写真を見ると、物が遠くにあるのにやけにハッキリ写ってる。あと、明度差が極端だね。だから写真で見るとスペースシャトルなんか良くできた模型みたいに見える。シャトルは真っ白と真っ黒っていうイメージがあるけど、実は相当白くないし黒くない。その辺りを意識してハッキリクッキリの仕上げにするか、実物の色に拘って、ちょっと嘘をついてスケール感を出すか。自分の場合は宇宙っぽい“ハッキリクッキリ感”は写真で調整することが多い。好みの問題もあると思うんだけど、あんまり明度差が極端な塗装って、どうもしっくりこないんだよね。多分、大気の無い状態で物を見慣れてないっていうのが大きいと思うんだけど」
「なるほど。宇宙っていう想定でも、最初のイメージと日頃の観察が物を言うわけですね」
「あと、あんまり目安がないのも何だから言っておくと、細かい明度の調整については自分なりの基準を作っておくといい。メカ物のキャラクターって、実物が大体5~30m位でしょ。スケールで言えば大体1/220、1/144、1/100、1/72、1/60、1/35、1/20というふうに分かれてる。20mクラスのロボットならテニスコートに丁度収まる位だから、1/60を基準にしてスケールが小さくなる毎に明度を上げたグレーの見本を作っておくとかね。あと、スケールモデルと似たような比率のものはスケールモデルの塗装がヒントになる。U.C.HARDGRPHのコア・ファイターは1/32の航空機が似たような比率だし、1/20のスコープドッグなんかは車の大きさ。そんなふうに考えるとイメージとの比較がしやすい」
「ああ、そうですね。そう考えると途端に現実的に思えてくる」
「ちなみに東京タワーは333mで京都 東寺の五重塔は57m。建築重機の中型マルチブームの高さは大体16~27m位。普通自動車は約5m。そんなふうに日頃から見ておくとヒントになるかもしれないね」


◆明度調整の裏技

「それで、具体的に塗料の明度を上げる方法なんですが。基本の塗料に白を混ぜればいいんですか」
「まあ、大体はそれで済む。でもそれですまない色もある」
「また面倒なことを言い出しましたね」
「面倒でも済まないんだからしょうがない。白い色はそれ以上明度が上がらないんだよ」
「ああっそうだった。1番明度の高い色ですもんね。そういう時はどういう方法があるんですか?」
「白の場合は『色の濁り』を使って演出すると全体のバランスが取れる。空気遠近法でいう『輪郭が不明確になる』っていうところの応用だね」
「師匠が良くやる“白のところにライトグレーを塗る”みたいな手法ですね」
「うん、白をそのまま塗っちゃうと、一番明るい所は『明度』が振り切れた極端な状態になっちゃう。それを避けるために、あえて白を濁らせることでまわりの色とのバランスをとる。その時に、ただライトグレーを塗ってもいいんだけど、無彩色のグレー=ニュートラルグレーじゃなく、青みのグレー=クールグレーや、赤みのグレー=ウォームグレーを使ったりすると面白みが出ることもある」
「グレーに赤を混ぜたり青を混ぜたりすればいいんですね」
「うん。ただ、ここでもCMYに即したカラーを使うのがいいだろうね。それからこれはウォームグレーを作るときだけの裏技的なことなんだけど、マンセル色還上の補色に当たる赤と緑を同量足すとウォームグレーになる。これに白を混ぜて明度を調節するという手もあるんだ。独特の色味を持ったグレーができるよ」
「へえ、そんな裏技が。クールグレーはできないんですか?」
「青の補色で作ろうとすると青系というより紫っぽくなっちゃう。ウォームグレーだけで使える混色法だ」
「あ、それがさっき言ってた補色の使い方なんですね」
「いや、それもあるけど、後で話すからもう少し待ってなさいよ(笑)。それから、基本色が複数になる場合は明度の調整をいっぺんにやってしまったほうがいい。1色作ってから次の色ってやってると、だんだん明度の感覚がおかしくなってくるから。それぞれの色を並べておいて、同量の白を足していくとかね」
「はい、わかりました」
「さあ、この後は彩度について。いよいよ最終段階だ」
「あ、ちょっと待ってください。またずいぶん長くなっちゃったんで、今回はこの辺で〆ましょう」
「ずいぶん引っ張るなぁ(笑)」
「師匠の話が長いんですよ!」
「そりゃぁドウモスイマセン」
「三平師匠じゃないんですから(笑)」

MPJ技の泉「モデラーのための色彩学 その3」いかがでしたでしょうか。この記事に関するご意見、ご質問を募集しております。下記コメント欄かメールフォームよりお問い合わせ下さい。それでは次回の記事もお楽しみに。

<モデラーのための色彩学 その2へ ◆ モデラーのための色彩学 その4へ


One Response to “MPJ技の泉 モデラーのための色彩学 その3”

  • うさぎ小屋の住人:

    なるほど!
    今まで漠然とやってきて人に説明できませんでしたが、
    理屈が分かりました!
    正確には分かった気がするですけど。
    大変分かりやすかったです。

Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.