ハセガワより7月発売の新製品情報が届けられた。
「1/48 フォッケウルフ Fw190F-8 w/BT700 魚雷型爆弾」は実戦投入の記録はない魚雷型爆弾『BT700』を搭載したフォッケウルフを“もし実戦に使用されていたら……”という設定に基づいてキット化したもの。実在の部隊を想定し、多数の専用パーツを投入してのキット化は実に面白い。
他には特別塗装がほどこされた民間旅客機キット2点がリリース。「1/200 北海道国際航空(AIR DO)ボーイング 737-500“ベア・ドゥ ドリーム号”」は2011年春に就航した2号機を早くもキット化。「1/200 ANA ボーイング 767-300“FLY! パンダ”」は20011年2月に上野動物園で飼育されるジャイアントパンダ2頭を乗せて、上海から成田までの輸送を担って話題となった機体だ。


◆エアモデル

■1/48 フォッケウルフ Fw190F-8 w/BT700 魚雷型爆弾(限定生産)
魚雷型爆弾『BT700』は、魚雷と比較して低コストで運用できる対艦攻撃兵器として運用テストが行われた。実際に実戦投入されたという記録は見つからないが、“もし実戦に使用されていたら……”というif設定に基づいてキット化されたのが「1/48 フォッケウルフ Fw190F-8 w/BT700 魚雷型爆弾」だ。実在する部隊から、可能性のありそうな飛行隊を想定し、BT700を初め、前部振れ止め、照準器、専用グリップ、調整装置、TSA部品など、専用部品はレジンパーツで再現。BT700のフィン部分にはエッチングパーツが付属する。デカールは『第4地上襲撃航空団 第2中隊 所属機「赤10」(砂漠迷彩:1944年)』『第200爆撃航空団 第11中隊 所属機「A3+LV」(通常迷彩:1945年)』『第200爆撃航空団 第11中隊 所属機「A3+11」(洋上迷彩:1945年)』の3種が付属。ドイツ機研究家の国江隆夫氏による実機解説書も楽しみだ。
製品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/48
価格 ¥5,040-
2011年7月16日頃発売予定



■1/200 北海道国際航空(AIR DO)ボーイング 737-500“ベア・ドゥ ドリーム号”(限定生産)

2011年春に就航したベア・ドゥの2号機「ドリーム号」が早くもキット化。2009年の就航10周年記念塗装1号機ではモノクロの線画で描かれていたマスコットキャラクター『ベア・ドゥ』もぐっとカラフルになり、737のコンパクトな機体狭しと可愛らしさを振りまいている。特徴のベア・ドゥのイラストはデカールで再現。民間旅客機ファンだけでなく女性や子供にも人気が出そうなキットだ。
製品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/200
価格 ¥2,100-
2011年7月22日頃発売予定



■1/200 ANA ボーイング 767-300“FLY! パンダ”(限定生産)

中国線就航20周年を記念して2007年7月から運航されている全日空の「FLY! パンダ」号を再現! 2011年2月には、上野動物園で飼育されるジャイアントパンダ2頭を乗せて、上海から成田までの輸送を担って話題となった。イラストを描くのではなく機体全体をパンダに見立てたカラーリングがユニークだ。キットは2010年の現行カラーリングを再現したデカールが付属する。
製品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/200
価格 ¥2,310-
2011年7月30日頃発売予定

詳しくはハセガワHPへ


Comments are closed.