7月のハセガワ新製品も注目キットが目白押し。
まずは「1/100 YZR-8000“マイザー・ガンマ”」が限定キットで登場。「マジック・ランチャー レブナント37 ver.2.8」「胸部メカ部品」から「勝利ポーズ用の左手首部品」までが新規パーツで付属する。Ma.Kではファルケのバリエーション機「反重力装甲戦闘機 Pkf.85bis グリフォン」が発売。新しい設定の機体を新規パーツを追加することで再現している。話題のアイマス機第3期シリーズ第3弾として「1/72 タイフーン “アイドルマスター 菊地真”」も登場。ボーイッシュなルックスに乙女なハートを秘めた「菊地真」のイラストが描かれた“タイフーン”を1/72でリリースする。
エアモデルでは「1/32 メッサーシュミット Me262A“第51爆撃航空団”」「1/72 F/A-18E スーパー ホーネット“VFA-31 トムキャッターズ 75th スペシャル”」「1/72 F4U-1 バードケージ コルセア“パシフィック エーセス コンボ”」「1/72 F-111C アードバーク“オーストラリア空軍 フェアウェル”」「1/72 F-15I ストライク イーグル“イスラエル空軍 ラーム”」「1/72 F-15DJ イーグル“アグレッサー 2011”」が発売。現用機から大戦機まで、幅広いラインナップとなった。


◆キャラクター

■1/100 YZR-8000Γ“マイザー・ガンマ”(限定生産)

MPJ作例でも取り上げたマイザー・デルタに続き、強行偵察任務等に特化した特務型であるマイザー・ガンマが限定で登場! デルタとは大きくイメージが異なるカラーリングに加え、右手武器のマジック・ランチャー レブナント37 ver.2.8と、ガンマ用胸部メカ部品、パーフェクト勝利用の左手首を新金型部品でセット。胸部メカ部品はセンターウェポンを発射しないマイザー・ガンマの設定に従い、発射口を塞いだような形状をハイエンドCGより再現している。もちろんデルタ同様一部パーツの差換えによるモータースラッシャー形態への変形も可能。成形色は4Pカラーをイメージした、紺、コバルトブルー、マイルドオレンジ、ブルーグレー、グレー、クリアーピンクの6色に加え、ボーナスパーツとして「シャドウ用のクリアーレッド透明部品」がセットされ、合計7色となる予定とのこと(塗装図は4Pカラーのみセット)。ゲーム中では回り込みターボ近接による驚異的なスピードと破壊力、遠距離時のショルダースパインによる援護が魅力的な機体。ぜひともデルタと並べてみたいキットだろう。
【塗装図】4P(プレイヤー)カラー
【新規プラ部品】マジック・ランチャー レブナント37 ver.2.8/胸部メカ/勝利ポーズ用の左手首

※キットに展示用スタンドは付属しません
製品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/100
価格 ¥6,510-
2011年7月14日頃発売予定
(C) SEGA, 2001 CHARACTERS (C) AUTOMUSS CHARACTER DESIGN:KATOKI HAJIME



■1/20 反重力装甲戦闘機 Pkf.85bis グリフォン
(限定生産/シルクスクリーンデカール付属)

新金型部品を追加して、傭兵軍のファルケ最進化タイプがキット化! 全く新しい設定の機体で、ファルケをベースにエクサイマーレーザーガンを装備し、コクピット前方とスタビライザー前縁は増加装甲で強化。さらに、大型オプチカルシーカーやサンドフィルターが追加装備された後期タイプのバリエーションのひとつ。胴体上面増加装甲、増加装甲付スタビライザー、大型オプチカルシーカー、インテーク用サンドフィルターは新規金型部品で再現され、デカールは3~4機分がセットされる予定とのこと。勿論、毎回楽しみな塗装カードも付属する。

製作:横山 宏 氏
製品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/20
価格 ¥6,720-
2011年7月16日頃発売予定
(C)Kow Yokoyama 2011


■1/72 タイフーン“アイドルマスター 菊地真”
(限定生産/シルクスクリーンデカール付属)

「ハセガワ アイドルマスター プロジェクト 第3期シリーズ」第3弾は、ボーイッシュなルックスに乙女なハートを秘めたアイドル「菊地真」のイラストが描かれた“タイフーン”を1/72でキット化。ゲーム中では凛々しい顔立ちとスレンダーな体形、運動神経抜群といった特徴を持つ「菊地真」は、その特徴から美少年系アイドルとして売り出され、男性ファンのみならず女性ファンにも多くの支持を得ている。機体パーツはドイツレベル製となり、成形色はダークブルー。デカールは発色の良いシルクスクリーン印刷で一部にはパールを使用している。
※キットにキャラクターフィギュアは付属しません
製品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/72
価格 ¥4,725-
2011年7月14日頃発売予定
(C)窪岡俊之 (C)NBGI


◆エアモデル

■1/32 メッサーシュミット Me262A“第51爆撃航空団”
(限定生産/ボーナスパーツ付)

WW.Ⅱ末期に実戦投入されたドイツ軍のジェット戦闘機「Me262」は、高度6,000mで水平飛行870km/h、緩降下時は900km/h以上という桁外れの飛行速度を持っていた。また、その桁外れの性能から爆撃機としての機能も求められた。キットは機首下面に爆弾ラックを装着した、戦闘爆撃機タイプを再現。ドイツ空軍 第51爆撃航空団所属機『 Me262A-2a:第51爆撃航空団 第1中隊 所属機「9K+FH」(1945年)』『Me262A-2a:第51爆撃航空団 第1中隊 所属機「9K+BH」(1944年9月 )』『Me262A-2a:第51爆撃航空団 第1中隊 所属機「9K+YH」(1945年)』の3種より選択式で1機を再現できるデカールが付属する。
製品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/32
価格 ¥4,410-
2011年7月5日頃発売予定


■1/72 F/A-18E スーパー ホーネット“VFA-31 トムキャッターズ 75th スペシャル”(限定生産/特別仕様)
ファンの熱い要望にこたえてブロックⅡを再現するための新規パーツを開発。大きな特徴のひとつである機体上面後部の“チムニー型アウトレット”も精密にパーツ化する。また、形状の異なる前脚カバーも新規パーツとなっており、痒い所に手が届いたキット構成だ。デカールは『アメリカ海軍 第31戦闘攻撃飛行隊“トムキャッターズ”飛行隊創設75周年記念塗装機「AJ100」(2010年)』付属で、ド派手なスペシャルマーキングを再現できる。
製品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/72
価格 ¥3,150-
2011年7月5日頃発売予定


■1/72 F4U-1 バードケージ コルセア
“パシフィック エーセス コンボ”(限定生産/新デカール、2機セット)

F4U コルセアはWW.Ⅱから朝鮮戦争まで、アメリカ海軍および海兵隊で使用された戦闘機。元来、F4Fの後継となる艦上戦闘機として開発されたが、様々な問題でF6Fにその座を譲り、初期生産型は海兵隊に引き渡され、陸上機として運用されたという経緯を持つ。キットはアメリカ海兵隊所属のエースの搭乗機を再現できる2機セットで、『第213海兵戦闘飛行隊 ウィルバー J. トーマス中尉 乗機「10」(1943年7月)』『 第214海兵戦闘飛行隊 エドウィン L. オランダー中尉 乗機「576」(1943年10月)』『 第213海兵戦闘飛行隊 ジェイムズ N. カップ大尉 乗機「15」(1943年9月)』の3種のデカールが付属。「VMF-213」「VMF-214」のノーズアートは非常に魅力的だ。
製品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/72
価格 ¥2,520-
2011年7月8日頃発売予定


■1/72 F-111C アードバーク“オーストラリア空軍
フェアウェル”(限定生産/新デカール)

世界初の実用可変翼機として知られ、アフターバーナー付きターボファンエンジンや地形追従レーダーなど、当時最新の装備を搭載したF-111は、1964年の初飛行からアメリカやオーストラリア空軍で運用されてきた。キットは2010年12月3日に退役を迎えた「退役記念塗装」が施されたオーストラリア空軍 第82攻撃航空団 所属機を再現。デカールは『F-111退役記念塗装機「A8-113」(2010年12月)』『F-111退役記念塗装機「A8-129」「A8-135」(2010年12月)』『第6飛行隊 飛行隊創設90周年記念塗装機「A8-125」(2007年)』の3種が付属する。
製品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/72
価格 ¥3,780-
2011年7月8日頃発売予定


■1/72 F-15I ストライク イーグル
“イスラエル空軍 ラーム”(限定生産/特別仕様)

F-15Eの派生型としてイスラエル空軍で使用されるF-15Iを徹底再現! コンフォーマルタンクに装着される片側2列のパイロンと側面中央に設けられたインテーク、胴体尾部の角張ったアンテナをレジンパーツで再現し、航法ポッド、ターゲットポッドはプラパーツが付属する。デカールは『第69飛行隊 所属機「250」』と『第69飛行隊 所属機「263」』の2種が用意されている。
製品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/72
価格 ¥4,410-
2011年7月22日頃発売予定


■1/72 F-15DJ イーグル“アグレッサー 2011”
(限定生産/新デカール)

高い人気を博する航空自衛隊所属機より、飛行教導隊 所属の仮想敵機=アグレッサー機が登場。最新カラーはタン、茶、黒という北方系をイメージさせる塗装となっており、デカールは『飛行教導隊 所属機「72-8090」(グレー/タン/茶/黒迷彩)』と他2種が付属。ちょっと変わった航空自衛隊機、中々コアなアイテムだといえるだろう。
製品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/72
価格 ¥2,940-
2011年7月30日頃発売予定


詳しくはハセガワHPへ


Comments are closed.