ハセガワ新製品情報をお届けしよう。
まずはエアモデルから「1/32 メッサーシュミット Me163B コメート“第16実験部隊”」「1/32 メッサーシュミット Bf109F-6/U “ガーランドスペシャル”」「1/48 三菱 A6M5 零式艦上戦闘機 52型“初期型”」等の大型モデルがリリース。1/72では「F-16E ファイティング ファルコン(特別仕様)」「F-14B/D トムキャット“ロービジ”」「三菱 A6M2b 零式艦上戦闘機 21型“真珠湾コンボ”(2機セット)」が発売となる。
モデラーの強い味方、MPJの作例でもたびたび登場するTFシリーズにも新色が登場。偏光仕上げを可能とする「偏光フィニッシュ グリーン~マゼンタ」「偏光フィニッシュ ブラウン~シアン」に加え、新く登場したクリアーカラーのシリーズ「クリアーグリーンフィニッシュ」「クリアーブルーフィニッシュ」「クリアーレッドフィニッシュ」「クリアーオレンジフィニッシュ」が発売となる。
この他、すでにお伝えした商品のパッケージ写真なども紹介する。


◆エアモデル

■1/32 メッサーシュミット Me163B コメート“第16実験部隊”

WW.Ⅱ時にドイツ軍が開発したMe163Bは、実験機であった「163A」に対し、機体サイズこそほぼ変わらないものの、ロケットエンジンの強化、燃料タンクの大型化、無線装置の装備、機関砲の搭載等、様々な実用装備を搭載するため全面的に再設計された。「163B」は、まさに航空機史上唯一の実用ロケット戦闘機となったのである。キットはMe163の実戦配備に向けて様々なテストを行った第16実験部隊仕様としてリリースされ、尾部左右に付く涙滴形カバー部品レジン製パーツで付属。デカールは『Me163BV41:第16実験部隊 ヴォルフガング シュペーテ大尉 乗機「PK+QL」(1944 年5月)』『Me163BV51:第16実験部隊 所属機「C1+05」(1944年7月)』『Me163B-1a :イギリス軍捕獲機「VF241」(1945年5月)』の3種が用意されている。ドイツ研究家 国江隆夫氏による実機解説書が付属するのも嬉しいところだ。
商品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/32
価格 ¥3,360-
好評発売中


■1/32 メッサーシュミット Bf109F-6/U “ガーランドスペシャル”

最新の考証に基づいて再現した胴体パーツを使用して、ドイツ空軍のエースパイロット「アドルフ・ガーランド」機乗のF-6/Uを再現。ヘルマン・ゲーリングより贈られた特殊仕様の機体は、機種にMG131 13mm機銃を装備したものと、主翼にMGFF 20mm機銃を装備した2機の存在が認められている。当然ながら機首MG131 13mm機銃装備用部品(機首上面パネル・バルジ)と機首MGFF 20mm機関砲装備用部品(主翼下面バルジ)が新規パーツで付属、尾部の補強版もメタルインレットで付属する。デカールは第26戦闘航空団 MG131 13mm機銃搭載機:「<-+-」 (フランス:1941年11月)』『MGFF 20mm機銃搭載機:「<-+-」 (フランス:1941年11月)』の2種が付属する。
商品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/32
価格 ¥4,830-
2011年6月18日頃発売予定



■1/48 三菱 A6M5 零式艦上戦闘機 52型“初期型”

通常単排気管を装備している52型だが、生産の極初期には集合排気管を装備した機体が極少数確認されている。キットは22型のカウリングをセットして集合排気管装備の52型を再現する。付属デカールは『・第204海軍航空隊 所属機「9-109」(ラバウル:1944年1月 )』『第204海軍航空隊 所属機「9-151」(ラバウル:1943年後半)』所属不明の『3-108(ラバウル)』をセット。最も生産数が多かった52型の中でも、特にレアな機体を再現することができる。
商品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/48
価格 ¥2,730-
好評発売中



■1/72 F-16E ファイティング ファルコン(特別仕様)

C/D型の発展型新造機としてコクピットやレーダー、エンジン等、大胆な変更を受けたのが「F-16E ファイティング ファルコン」だ。アメリカでは採用計画がないため輸出専用となる。キットはアラブ首長国連邦空軍に配備されているコンフォーマルタンク装備タイプの単座型でリリース。E型の特徴でもある垂直尾翼は新規パーツで再現する。付属デカールはアラブ首長国連邦空軍所属機『3080』『3031』『3033』『3056』『3060』『3028』『3029』が付属。
商品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/72
価格 ¥2,730-
2011年6月9日頃発売予定



■1/72 F-14B/D トムキャット“ロービジ”

「F-14B/D トムキャット」が装いも新にロービジ仕様で登場。アメリカ海軍 所属のVF-103とVF-2より『F-14B:第103戦闘飛行隊`ジョリーロジャース`所属機』『F-14D:第2戦闘飛行隊`バウンティ ハンターズ`所属機』を再現する。プラパーツとしてLANTIRN、ランチャー部品が付属。F-14はF-4の後継機として開発され、可変翼と長射程のAIM-54フェニックスの運用能力を特徴とした第4世代ジェット戦闘機で、1973~2006年にかけて712機が生産、運用された。ロービジファンにはたまらないキットだろう。
商品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/72
価格 ¥3,570-
2011年6月11日頃発売予定


■1/72 三菱 A6M2b 零式艦上戦闘機 21型“真珠湾コンボ”(2機セット)

1941年12月の真珠湾攻撃に関わった21型がコンボで登場。『空母 赤城 第1中隊 第1小隊 1番機 進藤三郎大尉 乗機 「AI-102」 (1941年12月)』『空母 瑞鶴 第2小隊 1番機 岩本徹三一飛曹 乗機 「EII-102」 (1941年12月)』『空母 加賀 第1中隊 第13小隊 1番機 山本旭一飛曹 乗機 「AII-168」 (1941年12月)』の3種のデカールから2機を選んで組み立てることができる。「AI-102」「AII-168」は攻撃隊の援護、「EII-102」は空母上空の制空にあたった機体だ。
商品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/72
価格 ¥2,730-
2011年6月16日頃発売予定



◆キャラクター(追加情報)

■1/35 P.K.A. Ausf G グスタフ(2機セット)

パッケージ写真が届いたので掲載しよう。元々は「1/35 P.K.H.103 ナッツロッカー」に付属していたもので、ファンの要望により単独で販売されることとなった。左腕は「マニピュレーター」と「エクサイマー高出力レーザーガン」の選択式、ノイパンツァーファウスト&パンツァーシュレックも選択式でセットされ、キャノピーはクリアー成形、パイロットフィギュアが付属。塗装カードと4機分がセットされたシルクスクリーン印刷のデカールも付属する。オマケとして1/20用デカールが付属するという仕様だ。
製品仕様 プラスチック製組み立てキット
製品サイズ 1/35
価格 ¥1,890-
2011年6月2日頃発売予定
(C)Kow Yokoyama 2011


■1/35 P.K.A. Ausf M メルジーネ(2機セット)

こちらもパッケージ写真を紹介。「1/35 P.K.A. Ausf G グスタフ」同様、メルジーネも「1/35 P.K.H.103 ナッツロッカー」に付属していたものの単独販売。左腕は「マニピュレーター」と「エクサイマー高出力レーザーガン」の選択式。ノイパンツァーファウスト&パンツァーシュレックは選択式でセットされるなど、ナッツロッカー付属時と同様の仕様で発売される他、お馴染みの塗装カードも付属。デカールはシルクスクリーン製で4機分が付属する他、オマケとして1/20用のデカールも用意されている。
製品仕様 プラスチック製組み立てキット
製品サイズ 1/35
価格 ¥1,890-
2011年6月2日頃発売予定
(C)Kow Yokoyama 2011



■1/72 A-10A サンダーボルト Ⅱ“アイドルマスター 音無小鳥”
/THE IDOLM@STER SP

「1/72 A-10A サンダーボルト Ⅱ“アイドルマスター 音無小鳥”/THE IDOLM@STER SP」のパッケージ写真も公開。これまでの同シリーズは1機につき一人のキャラクターを表現しているが、この機体は765プロダクションの事務員である「音無小鳥」をメインに、社長 高木順一郎や所属する10組のアイドル達をディフォルメして配した、まさに“スペシャル”な機体となっている。A-10Aという機種選択も絶妙、成型色はグリーン。デカールはシルクスクリーン製の物が付属する。
※キットにキャラクターフィギュアは付属しません。
製品仕様 プラスチック製組み立てキット
製品サイズ 1/72
価格 ¥3,150-
2011年5月31日頃発売予定
(C)窪岡俊之 (C)NBGI



◆ツール/マテリアル

■TFシリーズ新色

貼るだけで独自の表現を可能にするハセガワTFシリーズに新色が登場! 発売されるのは偏光フィニッシュ2種とクリアー系4種。偏光フィニッシュは特定方向の光だけを透過させる性能を持たせた特殊フィルムで、光の当たり方や見る角度、施工面の明るさや影により色彩が変化する新感覚な仕上がりを得ることができる。HUDやFLIRなどの「電子装備」はもちろん、キャラクターモデルのカメラアイやセンサー表現などに威力を発揮するだろう。ただし伸縮性がないので注意が必要だ。一方、クリアーフィニッシュは各所の透明パーツに使用して手軽にクリアーカラー表現をすることができ、LEDライトを思わせるようなくっきりとした発色が特徴。フィルム自体のツヤと表面にコーティングされたクリアー層が美しい仕上がりを演出してくれる。極薄で曲面に追従するシートなので、面倒な塗装作業工程を省略することができるだろう。どちらももモデラーの強い味方になってくれるに違いない。

■偏光フィニッシュ グリーン~マゼンタ(限定生産)


製品仕様 ディテールアップ用糊付きシート(非伸縮)
価格 ¥1,260-
好評発売中(限定生産)


■偏光フィニッシュ ブラウン~シアン(限定生産)


製品仕様 ディテールアップ用糊付きシート(非伸縮)
価格 ¥1,260-
好評発売中(限定生産)


■クリアーグリーンフィニッシュ


製品仕様 ディテールアップ用糊付きシート(伸縮)
価格 ¥1,050-
2011年6月19日頃


■クリアーブルーフィニッシュ


製品仕様 ディテールアップ用糊付きシート(伸縮)
価格 ¥1,050-
2011年6月19日頃


■クリアーレッドフィニッシュ


製品仕様 ディテールアップ用糊付きシート(伸縮)
価格 ¥1,050-
2011年6月19日頃


■クリアーオレンジフィニッシュ


製品仕様 ディテールアップ用糊付きシート(伸縮)
価格 ¥1,050-
2011年6月19日頃

詳しくはハセガワHPへ


Comments are closed.