タスカモデリズモの新製品は「1/35 アメリカ中戦車 M4A3E8 シャーマン ”イージーエイト”・朝鮮戦争」。WW.Ⅱ初頭の1942年に登場したM4シャーマンは数々の改良を加えられながら、大戦後の1953年、朝鮮戦争終結まで第一線で戦い抜いた名戦車だ。幅広のキャタピラと水平懸架サスペンション(HVSS)を装備し、走行性能を向上させた大戦型シャーマンの最終進化型ともいえる「M4A3E8″イージーエイト”」を、タスカモデリズモならではのこだわりでキット化する。
朝鮮戦争時の姿を再現するキットは、鋼製のダブルピン・ダブルブロック式T80キャタピラを装備し、ベルト式のキャタピラ本体に別パーツの履板とセンターガイドを貼りつける方法により、立体感と組立やすさを両立している。また、大型化された車体後部のディフレクター、車内通話用電話ボックス、救急箱、エンジンデッキのハッチのヒンジを大型化したタイプのパーツ、砲身のトラベルクランプ、起動輪、初期型と異なる前面装甲の上端部や牽引フックを再現、小判型に変更された76mm砲塔の装填手ハッチなど、後期型、戦後に改修された装備を徹底的なこだわりで再現している。
他にも、車長用キューポラに透明部品を採用、エッチングパーツ、砲塔上のM2重機関銃、米軍ジェリカンが付属するなどうれしい仕様でリリースされる。マーキングはカルトグラフで朝鮮戦争時のアメリカ軍のマーキング2種類が付属するという充実の内容だ。

◆AFV

■1/35 アメリカ中戦車 M4A3E8 シャーマン ”イージーエイト”・朝鮮戦争



製品仕様 プラスチック製組み立てキット
商品サイズ 1/35
価格 ¥5,985-
2011年4月末~5月発売予定

詳しくはタスカモデリズモHPへ


Comments are closed.