ハセガワ4月発売の新製品情報、注目は人気フライトシューティングゲーム『エースコンバット』に登場するスペシャルマーキング機「F-14D トムキャット“エースコンバット さくら”」のキット化! 日本を感じさせる美しいカラーリングをシルクスクリーン・デカールで再現したモデルは、エアモデルファンならずとも作ってみたくなる魅力溢れるアイテム。
1/48エアモデルでは「三菱 F-1“6SQ スペシャル マーキング”」「F/A-18D ホーネット“岩国 スペシャルマーキング”」のスペシャルマーキング仕様の2キットがリリース。また、戦闘爆撃タイプの「メッサーシュミット Bf109F-4/B“第53戦闘航空団”」も発売される。
1/72エアモデルでは「ユンカース Ju188A“魚雷搭載機”」「ハインケル He111Z-2“長距離爆撃機”」を初め「ヤコブレフ Yak-3 コンボ」がリリース。
その他「1/32 川崎 キ61 三式戦闘機 飛燕 I 型 乙“震天制空隊”」なども発売となる。

◆エアモデル

■1/72 F-14D トムキャット“エースコンバット さくら”

世界販売累計1,000万本を誇る超人気フライトシューティングゲーム「エースコンバット」に登場するスペシャルマーキング機「さくら」がキット化される。枯山水をイメージした円形の意匠と舞い散る桜の花弁をあしらったデザインはF-14Dの機体形状を活かした非常に美しいデザインとなっており、“美しく仕上げてみたい”というモデラー心を強く刺激する。成型色は淡い紫、デカールは発色の美しいシルクスクリーン印刷。フラットフィニッシュでシックに仕上げるもよし、グロクス上げで蒔絵調に仕上げるもよし。モデラーの腕の見せ所といった所だろう。

製品仕様 プラスチック製組み立てキット【限定生産】
製品サイズ 1/72スケール
価格 ¥4,410-
2011年4月23日頃発売予定
(C)NBGI


■1/32 川崎 キ61 三式戦闘機 飛燕 I 型 乙“震天制空隊”

本土防空任務にあたり、体当たり攻撃によるB29の迎撃を行った飛行第244戦隊 震天制空隊所属の三式戦闘機 飛燕 I 型 乙より、体当たり攻撃による戦果を挙げながらも見事生還を果たしたパイロットの搭乗機が再現できる新規デカールが付属するキット。付属デカールは「板垣 政雄 伍長 乗機「73」(調布飛行場:1945年)」「板垣 政雄 軍曹 乗機「14」(調布飛行場:1945年2月)」「中野 松美 伍長 乗機「33」(調布飛行場:1944年12月)」の3種で、選択していずれかの機体を再現できる。
製品仕様 プラスチック製組み立てキット【限定生産】
製品サイズ 1/32スケール
価格 ¥4,620-
2011年4月21日頃発売予定


■1/48 三菱 F-1“6SQ スペシャル マーキング”

航空自衛隊 40周年記念のF-1“6SQ スペシャル マーキング”がキット化。黒と黄色を基調とした垂直尾翼のマーキングは機番「240」と「201」で反転したデザインとなっており、もちろん双方のシルクスクリーン印刷デカールが付属するので、好みで選択して組上げることができ、2機並べれば存在感も倍増だ。付属デカールは「第8航空団 第6飛行隊 飛行隊創設40周年記念塗装機「240」「201」(築城基地:1999年)」と「第8航空団 第6飛行隊 航空自衛隊 40周年記念塗装機「248」「260」(築城基地:1994年)となる。
製品仕様 プラスチック製組み立てキット【限定生産】
製品サイズ 1/48スケール
価格 ¥3,780-
2011年4月9日頃発売予定


■1/48 F/A-18D ホーネット“岩国 スペシャルマーキング”

アメリカ海兵隊と海上自衛隊が使用する岩国基地所属のアメリカ海軍所属機F/A-18D ホーネットより、スペシャルマーキング機をキット化。黒く塗り分けられた垂直尾翼に鮮やかな朱と黄色のマーキングが映える「第224海兵戦闘攻撃飛行隊“ベンガルズ”所属機「WK01」(2009年)」と黒い垂直尾翼に白いスペードがシックな「第225海兵戦闘攻撃飛行隊“バイキングス”所属機「CE01」(2009年)」をセット。アンテナなどのアップデート用プラパーツも付属する。
製品仕様 プラスチック製組み立てキット【限定生産】
製品サイズ 1/48スケール
価格 ¥6,195-
2011年4月9日頃発売予定


■1/48 メッサーシュミット Bf109F-4/B“第53戦闘航空団”

WW.Ⅱ中のドイツ軍主力戦闘機であったメッサーシュミットより、爆撃機能を追加したBf109F-4/Bを『第53戦闘航空団 第10戦闘爆撃中隊所属』仕様でリリース。メタルインレット による補強板部品、新規プラパーツとしてETC500 ラック、SC250通常爆弾部品が付属する。マーキングの特徴は胴体後部に描かれた爆撃マーク。付属デカールは第53戦闘航空団 第10戦闘爆撃中隊所属「フェーリクス ザウアー軍曹 乗機『3』(1942年3月 )」「中隊長 ヴェルナー ランゲマン中尉乗機『1』(1942年7月)」の2種が付属する。
製品仕様 プラスチック製組み立てキット【限定生産】
製品サイズ 1/48スケール
価格 ¥3,360-
2011年4月21日頃発売予定


■1/72 ユンカース Ju188A“魚雷搭載機”

多数の新規パーツやエッチング、メタルパーツ等を追加して対艦攻撃用のJu188Aを再現するキットが発売される。付属パーツは「エッチング+メタル部品/対艦船用レーダーFuG200部品」「メタル部品/機首右側の魚雷操作ロッドカバー」「新規プラ部品/魚雷・ラック部品」など。デカールは第26爆撃航空団所属機より、洋上迷彩が施された「第7中隊 所属機『BR』(ノルウェー:1945年5月)」「第8中隊 所属機『BS』(ノルウェー:1945年5月)」「第9中隊 所属機『1H+GT』(1945年5月)」の3種がセット。「BR」「BS」はFuG200レーダー装備機となる。ドイツ機研究家の国江 隆夫 氏による実機解説書も付属する
製品仕様 プラスチック製組み立てキット【限定生産】
製品サイズ 1/72スケール
価格 ¥3,990-
2011年4月16日頃発売予定



■1/72 ハインケル He111Z-2“長距離爆撃機”

2機のHe111を中翼で接続し、合計5基のエンジンを搭載するという特異な発想で計画された「ハインケル He111Z-2“長距離爆撃機”」をキット化。ペーパープランのみで存在が確認されている機種だが、その特異な形状でインパクト大な機体だ。キットは実戦配備された際の想定として夜間迷彩の「A1+KM」と、通常迷彩の「6N+SK」を組み立てることができ、主翼及び中翼下面搭載用の武装はSC1000爆弾6発が付属、中翼用爆弾ラック部品もレジンパーツで付属する。付属デカールは「第53爆撃航空団 第4中隊 所属機『A1+KM』(ロシア)」「第100爆撃航空団 第2中隊 所属機『6N+SK』(ロシア)」となる。
製品仕様 プラスチック製組み立てキット【限定生産】
製品サイズ 1/72スケール
価格 ¥6,510-
2011年4月16日頃発売予定


■1/72 ヤコブレフ Yak-3 コンボ

ロシア戦線でロシア空軍と共に戦った、自由フランス空軍所属部隊「ノルマンディー ニィエメン隊」所属のエース搭乗機2機を再現できるコンボキット。ヤコブレフ Yak-3はYak-9の主翼を小型化したソ連の低高度用格闘戦闘機として設計され、実戦においては最も優れたソ連戦闘機とも言われる戦闘力を示した。キットは「ルネ シャル大尉 乗機『1』」「ロジェ ソバージュ中尉 乗機『5』(1945年4月)」「ルイ デルフィーノ 大佐 乗機『00』(1945年)」の3種のデカールが付属し、2機を選んで組み立てることができる。
製品仕様 プラスチック製組み立てキット【限定生産】
製品サイズ 1/72スケール
価格 ¥2,520-
2011年4月21日頃発売予定


■1/72 F-4B/N ファントム Ⅱ

長らく定番から外れており、ファンをやきもきさせていた凹線版のファントムⅡ(旧Kx3)がEシリーズとして復活! パーツ構成はB型とN型の選択式となり、パッケージも新に登場する。付属デカールは「F-4N :アメリカ海軍 VF-111 “サンダウナーズ” CAG機『NM200』」「F-4B :アメリカ海軍 VF-151 “ヴィジランティーズ” CAG機 『NF200』」「F-4B :アメリカ海兵隊 VMFA-115 “シルバーイーグルス” 所属機『VE10』」の3種。“定番”ともいえる機種の再発売は非常に嬉しい所だ。
製品仕様 プラスチック製組み立てキット
製品サイズ 1/72スケール
価格 ¥2,730-
2011年4月30日頃発売予定

詳しくはハセガワHPへ


Comments are closed.