Archive for the ‘ハセガワ’ Category

今回のハセガワ12月発売の製品情報をお届けしよう。まずキャラクターキットでは、3種が一気にリリース。ハセガワ70周年記念プロジェクト『クリエイター ワークス シリーズ』第一弾「1/72 スペースウルフ SW-190」、「1/72 VF-11D サンダーフォーカス“マクロス・ザ・ライド”」「1/20 ヒューマノイド型無人邀撃機 グローサーフント」と、幅広いラインナップでファンの嬉しい悲鳴が聞こえてきそう。
エアモデルでは「1/72 F-16AM/BM ファイティング ファルコン“ノルウェー空軍 タイガーミート 2010”(2機セット)」「1/72 UH-60J(SP)レスキューホーク(限定生産)」と、こちらもそそられる機種が発売。
前にも掲載したが、ハセガワ70周年記念プロジェクトの一環として始まった新シリーズ「サインエンス ワールド」第一弾の「1/72 有人潜水調査船 しんかい6500」もリリース間近なのであらためてご紹介。年末のハセガワからは目がはなせない! Read the rest of this entry »

去る2011年11月19日(土)、20日(日) 東京都立産業貿易センター浜松町館にて行われた「JMC2011作品展」の様子をお届けしよう。
東京会場で開催された両日とも、昨年を上回る大盛況で「JMC2011 応募作品展示」「各賞発表」のほか、「クラブ合同展示」「キット・ジャンクパーツ販売」「ハセガワ新製品の展示」なども行われ、訪れた模型ファンを楽しませていた。 Read the rest of this entry »

ハセガワが主催するJMC(Joyful Modellers’ Convention)による「JMC2011作品展」が、今年も東京、大阪の2会場で開催される。日程は東京が11月19日(土)、20日(日)、大阪では12月10日(土)、11日(日)の、いずれも2日間。
21回目の開催を迎える今回の展示会でも、例年どおり「JMC2011 応募作品展示」「各賞発表」「クラブ合同展示」「キット・ジャンクパーツ販売」「新製品発表」などが予定されており、モデラーにとって楽しみな休日となりそうだ。 Read the rest of this entry »

今回のハセガワ製品情報はMPJ休止中の分も合わせ10~11月発売のキットを紹介しよう。
エアモデルではドイツ空軍のエースパイロット「アフリカの星」こと“ハンス ヨアヒム マルセイユ”の搭乗機「1/32 メッサーシュミット Bf109G-2 Trop“マルセイユ”」が登場。この他「1/48 F-16A ファイティング ファルコン “イスラエル空軍”」「1/72 B-24J リベレーター“コースタル コマンド”」に加え、1/200の旅客機「JAL エクスプレス ボーイング 737-800」「ソラシド エア ボーイング 737-800」がリリースされた。
キャラクターモデルでは先日紹介した「たまごひこーき F-22 ラプター」と同時発売で、かつて発売されていた「SR-71 ブラックバード」「AV-8 ハリアー」「A-6 イントルーダー」が“キャラパッケージ”となって再登場。
面白いのは「1/12 学校の机と椅子」。1/12の可動フィギュア用アクセサリーとして発売されるもので、アニメキャラの等身にあわせてスケール・アレンジが加えられたセットとして発売される。
Read the rest of this entry »

今回のハセガワ新製品情報は10月~11月発売の新製品を中心に、先に行われた第51回全日本模型ホビーショーで会場展示されたアイテムも紹介。
「1/350氷川丸」や新シリーズ第一弾キット「1/72 有人潜水調査船 しんかい6500」などは会場でも注目を浴びていた。また、定番外の航空機シリーズも多数お目見え。詳しくは下記をご覧頂きたい。
Read the rest of this entry »

ハセガワ創業70周年記念プロジェクト、「クリエイター ワークス シリーズ」の続報と、9月の新製品情報をお届けしよう。
どんなアイテムがキット化されるのか様々な憶測を呼んだ「クリエイター ワークス シリーズ」第1弾は“宇宙海賊キャプテンハーロック”に登場の「スペースウルフ SW-190」。今後の推移がより楽しみとなった。
ニューキット関連情報では「ハセガワ アイドルマスター プロジェクト 第3期シリーズ」第5弾として「1/72 ラファール M “アイドルマスター 水瀬伊織”」が登場。
その他、エアモデルでは「1/72 RF-101C ブードゥー “オペレーション サン・ラン”(2機セット)」「1/72 ハインケル He111P/H “第55爆撃航空団”」「1/72 ユンカース Ju88G-6 “シェーネルト”」「1/72 F-4S ファントム Ⅱ “ロービジ CAG”」「1/48 F/A-18B/D ホーネット“ブルーエンジェルス”」「1/48 F-15J イーグル “近代化改修機 形態 Ⅱ型”」等のリリースも見逃せない。
カーモデルでは「1/24 フォルクス ワーゲン ビートル “ポリス カー”」が発売となる。
また、先日お伝えした「1/200 日本航空 ボーイング767-300」は商品名が「1/200 日本航空 ボーイング767-300ER」に変更となった。新たに届いたパッケージ画像とともに改めてご紹介する。 Read the rest of this entry »

今年で創業70周年を迎えるハセガワの“70周年記念キット”第1弾として「1/32 三菱 J2M3 局地戦闘機 雷電 21型」が発売される。
局地戦闘機 雷電はWW.Ⅱ末期、主に拠点防衛の任を与えられ、高高度より飛来する敵爆撃機に対して勇敢に挑んでいった。キットは最新の資料をもとにフォルム、ディテールを徹底追求。機体と主翼内部は桁状のパーツを挟み込む構造で、より正確な組み付けと高い強度を保持するように設計されている。 Read the rest of this entry »

ハセガワ8~9月の製品情報とともに届けられたのは、創業70周年を記念して行われる「クリエイター ワークス シリーズ」の情報。あらゆるジャンルのトップクリエイターとハセガワのコラボレーションでプラキットをリリースするというもの。詳しくは下記をご覧頂きたい。
キットのリリース情報では「1/32 P-47D サンダーボルト“ターヒール ハル”」「1/72 F/A-18E/F スーパー ホーネット “アメリカ海軍航空100周年 コンボ”」「1/200 ANA ボーイング767-300 w/ウイングレット」などのエアモデル新着情報の他、先にお知らせした「1/72 F/A-18F スーパー ホーネット“アイドルマスター 秋月律子”」、1/8ミュージアムモデルシリーズ「ル ローヌ 110馬力エンジン」のパッケージ画像も公開する。 Read the rest of this entry »

ハセガワ8月の新製品情報をお届けしよう。
まずは“ハセガワ アイドルマスター プロジェクト 第3期シリーズ”第4弾「1/72 F/A-18F スーパー ホーネット“アイドルマスター 秋月律子”」。765プロきっての知性派「秋月律子」が描かれたスーパーホーネットの登場だ。
エアキットでは「1/48 CF-104D スターファイター“カナダ空軍”」「1/48 A-4M スカイホーク“ロービジ”」「1/48 SBD-1 ドーントレス“VMSB-132”」「1/48 メッサーシュミット Bf109G-2 Trop“マルセイユ”」「1/48 F-16B プラス ファイティングファルコン“トップガン アメリカ海軍航空100周年”」「1/72 Me262A & Fw190D-9“第44戦闘団 コンボ”(2機セット)」と、どれもカラーリングに特徴のある機体が出揃った。また、新生JALの象徴として蘇った「鶴丸」マークを施した「1/200 日本航空 ボーイング767-300」も見逃せない。
他にもMa.Kファン注目の1/8ミュージアムモデルシリーズ「ル ローヌ 110馬力エンジン」がパッケージも新に登場する。 Read the rest of this entry »

ハセガワより7月発売の新製品情報が届けられた。
「1/48 フォッケウルフ Fw190F-8 w/BT700 魚雷型爆弾」は実戦投入の記録はない魚雷型爆弾『BT700』を搭載したフォッケウルフを“もし実戦に使用されていたら……”という設定に基づいてキット化したもの。実在の部隊を想定し、多数の専用パーツを投入してのキット化は実に面白い。
他には特別塗装がほどこされた民間旅客機キット2点がリリース。「1/200 北海道国際航空(AIR DO)ボーイング 737-500“ベア・ドゥ ドリーム号”」は2011年春に就航した2号機を早くもキット化。「1/200 ANA ボーイング 767-300“FLY! パンダ”」は20011年2月に上野動物園で飼育されるジャイアントパンダ2頭を乗せて、上海から成田までの輸送を担って話題となった機体だ。 Read the rest of this entry »